03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

鞍馬の町並みに、水と共に生きた証をみる





鞍馬


 鞍馬寺の門前に続く町並み

 洛北の山里・鞍馬(くらま)。

 京都市左京区とはいうものの、叡山電車の出町柳駅から30分かかる山の中にあります。

 鞍馬寺
  鞍馬寺

 しかし、古くから鞍馬寺の門前町としてにぎわい、また丹波や若狭とつながる街道の要衝として栄えてきました。
 木の芽煮(きのめだき)や山椒、黒木や火打ち石など、自然を生かした産品を都の人々に提供してきた地域です。

 鞍馬街道は、京都の郊外・市原あたりから山間の色彩を帯び、旧鞍馬村の一部である二ノ瀬に至ると、もう完全な山里です。
 その先に貴船との分岐点・梶取があり、右手に進むと鞍馬の集落に至ります。

 鞍馬
  鞍馬 下在地の街道

 鞍馬の集落は、もとは岩中町、上在地、中在地、下在地の各地区から構成されています。
 南端の下在地には、由岐神社の御旅所があります。鞍馬駅や鞍馬寺山門前は中在地で、門前で道は屈曲し、上在地へと続きます。北端の岩中町は鞍馬温泉あたりまでです。

 下在地は、庭石を商う家などもあり長閑な雰囲気。土産物店などがある中在地は観光客でにぎわい、上在地から岩中町は伝統的な町並みを感じさせます。

 鞍馬
  上在地の町並み

 岩中町には、重要文化財の滝沢家住宅(匠斎庵)もあります。

 鞍馬
  匠斎庵 (重文)

 岩神大明神の小祠も、そこここに見受けられます。

  鞍馬  岩神大明神


 鞍馬川から水路を引く

 鞍馬街道の東を流れる鞍馬川。清冽な流れです。

 鞍馬

 鞍馬川には、家々の脇にある石段で降りることができます。

  鞍馬 鞍馬川へ降りる石段

 この川の水は、溝で引水され、集落の中を流れています。

  鞍馬 鞍馬川から水を引く

 コンクリート製の樋によって水を引き、それが集落の側溝につながります。

 鞍馬 “カワ”

 この溝のことを地元では「カワ」と呼ぶそうです(『鞍馬 町なみ調査報告』)。

 各家の前には、洗い場が設けられ、野菜の下洗いなどに利用されます。

  鞍馬
  一段低くなったところが洗い場

 かつては、カワの両側に洗い場があったそうです。おそらく、昔は自動車の交通量もさほどではなく、のんびりと洗い物ができたのでしょう。
 野菜を洗うほかにも、鞍馬の火祭の際には、みぞぎの水に用いられるといいます。

  鞍馬

 古い写真を見ると、鞍馬寺の門前の道にも、中央に溝があったことが分かります。

 昔は、毎年「いであげ」と呼ばれる取水口の堰の改修工事が、地域の人たちによって行われていたそうです。このような催事も、コミュニティを保つために有効だったのですね。

 懐かしい風景が残る鞍馬街道。
 休日の散策にぴったりの山里です。




 鞍馬の町並み

 所在 京都市左京区鞍馬本町
 見学 自由
 交通 叡山電車「鞍馬」下車、徒歩約5分



 【参考文献】
 京都市『鞍馬 町なみ調査報告』(『日本の町並み調査報告書集成24』海路書院、2007年所収)
 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント