09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

公示地価発表、京都で地価が一番高い場所は…





四条河原町


 商業地の地価が上昇

 3月18日、国土交通省から全国の公示地価が発表されました。
 住宅地、商業地、工業地の区別がありますが、一般に注目されるのは商業地です。
 全国の商業地では、北陸新幹線の開業でわく金沢の上昇率が高く、17.1%の上昇でした。
 関西では、大阪・ミナミの復権が顕著で、上昇率トップは戎橋北詰東側の「Luz心斎橋」(大阪市中央区宗右衛門町)で、11.3%のアップ、価格は701万円(1㎡当り)、上昇率2位も心斎橋筋でした。

  四条河原町 四条河原町交差点

 京都ですが、商業地の全体は1.2%上昇。11区のうち、9区がアップしています。特に、繁華街の中京区は4.0%です。
 府内の商業地で最高価格地点となったのは、四条河原町交差点の北西角、みずほ銀行四条支店の場所(下京区四条通寺町東入2丁目御旅町51)。価格は354万円で、5.0%の上昇です。
 いつもおなじみの地点で、33年連続で最高地点でした。
 他の地点では、中京区の烏丸通六角下ル七観音町が205万円などとなっています。

 前年度と比べると、中京区や東山区のすべて、下京区のほとんどで上昇したということです。背景に、観光客増加に伴うホテル用地需要の高まりがあるといいます。特に東山区は7.6%も上昇し、店舗需要の増大も要因となっています。

  四条河原町

 多くの方に京都を訪れていただき、その魅力が伝わることは大変うれしいことです。ただ、それに伴って、さまざまな資本が入り混じり、京都らしい地域的な特色が失われないか危惧されます。すでに大阪では、道頓堀や心斎橋筋、新世界などでこのような現象が見受けられます。他山の石とすべきでしょう。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント