04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

東本願寺の石垣に見つけた“ナゾの痕跡”とは?





東本願寺穴門


 本願寺のまわりを歩く

 東西の本願寺は、なにかにつけて、よく訪れるお寺ですね。
 あの広大なお堂を拝し、畳に座ると、連綿と受け継がれてきた信仰の重さを感じずにはいられません。

 さらに私は、両本願寺の間や敷地のまわりを歩くのが好きなのです。
 そこには、ふだんは気付かないさまざまな秘密が潜んでいます。

 今回は、東本願寺の北側を訪れてみましょう。

 東本願寺内事門
  東本願寺 内事門

 東本願寺の内事門です。
 花屋町通に面し、北を向いて開いています。
 長屋門の形式をとる立派な門で、唐破風を持つ番所が付いているのが特徴です。武家屋敷の門のようでもあり、江戸時代なら10万石以上の格式に相当する両番所を持つ門です。
 同様の門は西本願寺にもあり、台所門と呼ばれています。「台所」は、かつては「仲居」ともいって、調理をする台所の意味に加え、寺務所の意味も持っています。「内事」も同様ですね。つまり、これらの門は、本願寺の裏方へ入る門、通用口だということができます。

 西本願寺の台所門については、こちらをご覧ください。 ⇒ <西本願寺の門、門、門!>


 石垣の痕跡を観察する

 この門の右側(西)には、長い石垣が続いています。

 東本願寺石垣
  西から東を眺める(奥に小さく見える屋根が内事門)

 この石垣を見ていて、おや、変だな、と思いました。

 東本願寺石垣

 このあたりなのですが、どうでしょう?
 少し石の積み方が変だと思いませんか。

 東本願寺石垣

 さらにアップすると、この部分ですね。タテやヨコに石積みの食い違いがあって、ラインを作っています。
 ちょっと落書きしてみると、こんな感じです。

 東本願寺石垣

 念のため、上と下のアップも。

 東本願寺石垣

 東本願寺石垣

 下の写真には、少し赤ラインを引いてみましたけれど、その上だけ横長の石が積んであります。

 では、これはいったい何を示すものなのでしょうか?


 答えを探しに・・・

 考えるうちに、思い付くことがあって、東本願寺のまわりを囲む石垣に沿って歩き始めました。
 西側には、南北に長く石垣が続いていますが、新町通からは家屋に阻まれてなかなか見ることができません。

 しかし、ついに見えるところがありました。

 東本願寺石垣
  新町通から東を望む

 うまい具合に石垣が姿を現しています。さっそく奥へと進んでみます。
 すると……

 東本願寺穴門

 石垣に何かある!

 東本願寺穴門

 やっぱり、そうでした。
 門だったのです、あの痕跡は。

 東本願寺穴門

 もちろん、四脚門とか高麗門とか、立派な門とは違います。
 石垣に入口をうがっただけの穴門(あなもん)です。

 東本願寺穴門
  門の上部

 上の方には、楣(まぐさ)という横材が入っています。

 東本願寺穴門
  門の下部

 下の方は地面から少し高くなっていて、地覆(じふく)という横材が入っています。
 今は扉は外され、コンクリートで塗り固められています。つまり、不要になったのですね、この穴門は。

 しかし、こんな家の裏に穴門の痕跡が残っているとは、驚きです。
 

 さらに・・・

 しかし、これで満足せずに、さらに新町通を南へ進んでいきました。
 すると……

 東本願寺穴門

 駐車場。
 ここにも石垣が。

 そして、クルマの奥に……

  東本願寺穴門

 ありました! 穴門 !!

  東本願寺穴門 引きがなく全体の撮影は不能

 こちらは、木製の門扉が付いていました。
 なるほど、こんな感じだったのか……
 でも、今は使っていないようです。

 これで、内事門脇にあった石垣の痕跡のナゾが解けました。
 あの位置にも、元は穴門があったのです。門の前は小さな堀なので、石橋でも架かっていたのでしょう。それが、いつしか不要になったので、しっかりと石で塞いだのでしょうね。
 現在では、それが痕跡として残っていたのでした。

 これらの穴門は、東本願寺の裏方サイドに付いているので、かつては荷物などの搬入口として使われていたのではないでしょうか。今回は北の花屋町通に1か所、西の新町通側に2か所発見したわけですが、全体に何か所あったのか、現地では分かりません。
 『両堂再建』に掲載された幕末の絵図類では、西側には石垣に4か所の穴門がうがたれていたように見受けられます。おそらく、あと2か所もどこかに痕跡として残っているのでしょう。

 なお、寺の正面側(東)にも、立派な穴門があります。
 全然違った造りで、“表”の顔をしていますね。

 東本願寺穴門
  東の塀にある穴門




 東本願寺 穴門跡

 所在 京都市下京区烏丸通花屋町西入ル常葉町
 見学 自由
 交通 JR「京都」下車、徒歩約10分



 【参考文献】
 『両堂再建』真宗大谷派宗務所出版部、1997年


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント