09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

五条天神社は、“天神”といっても菅原道真ではない神さまを祀っている





五条天神社


 「天神」という名前でも……

 みなさんは、神社をお詣りするとき、どんな神さまが祀ってあるか気にされるでしょうか?
 つまり、「祭神」は何か? ということですね。

 今回は、松原通西洞院(下京区)にある五条天神社を訪ねてみましょう。
 伝えでは、平安京が出来た頃、空海により勧請されたという由緒があり、史料からも中世には存在したことが確認できる古い社です。

 この神社、かつては「天使社」とも言われていて、町名も「天使前町」(現天神前町)とされていたり、近くに「天使突抜(つきぬけ)」という街路があったりもしました。
 いまは「天神社」というものの、“天神さん”こと菅原道真を祀る天満宮とは異なるわけです。

 では、何を祀っているのでしょうか。

 五条天神社


  “オオナムチ”は大国主命

 五条天神社には、大己貴命(おおなむちのみこと)、少彦名命(すくなひこなのみこと)、天照大神が祀られています。
 江戸時代の「都名所図会」を見ると、摂末社に内宮と外宮(つまり神明社)があるようですから、もともとは大己貴命と少彦名命が主だったのかと思います。
 菅原道真は祀られていないんですね。

 しかし、境内を歩いていると、本殿の左にこんなものがありました。

 五条天神社

 天満宮でお馴染みの牛の像。
 江戸時代から明治時代頃の像かと思いますが、「天神社」という社名から天満宮と混同され奉納されたのでしょうか。庶民の心意は、なかなか面白いものです。

 祭神の大己貴(おおなむち)命ですが、「大穴牟遅」とも書きます。古代神話の国造りの神ですが、大国主(おおくにぬし)命といった方が通りがよいでしょう。
 神話では、毛を剥がれた因幡の素兎(しろうさぎ)に、治療法を教えて助けてやったという逸話で知られています。
 この話は、文部省唱歌「大こくさま」(石原和三郎作詞、田村虎蔵作曲、1905年)でご存知だと思います。

 おおきな ふくろを かた に かけ、
 だいこくさま が、きかかる と、
 ここに いなばの、しろうさぎ、
 かわを むかれて、あか はだか。


 この歌ですね。
 2番で大黒さまが兎に「きれいな みずに、み を あらい、がま の ほわた に、くるまれ」と、治療法を教えてやり、3番で兎が治癒する、という歌詞になっています。
 最後の4番の詞を見ると、

 だいこくさま は、だれ だろう、
 おおくにぬし の、みこと とて、
 くに を ひらきて、よのひと を、
 たすけ なされた、かみさま よ。


 となっていて、大国主命と大黒さまが同じことが示されています。江戸時代にもなると、両者は混同されて一つの神さまとみなされていたわけですね。


 スクナヒコナを祀る神社

 では、少彦名(すくなひこな・すくなびこな)命ですが、「少名毘古那」とも書かれ、大己貴命とセットにして語られます。
 「少」の字が示すように、小さな神さまで、大己貴命とともに国造りを行います。

 少彦名命を祀る神社として、よく知られているのは、大阪の少彦名神社です。
 薬種業の町・道修町(どしょうまち)で、業界から篤い崇敬を受ける神社で、「神農さん」の愛称で親しまれています。
 この少彦名神社、京都の五条天神社から勧請されたといわれています。安永9年(1780)のことです。

 また、東京・上野公園にも、大己貴命と少彦名命を祀る五条天神社という神社があるそうです。
 

 医業の祖

 五条天神社は、西洞院通に東面して建っていますが、鳥居は北側にもあります。

 五条天神社

 鳥居の右脇に、1本の石標が立っています。

  五条天神社

 「皇国医祖神五条天神宮」と刻まれています。明治28年(1895)に建立されたものです。
 先ほどの因幡の素兎の治療譚などもあって、大己貴命や少彦名命が皇国の医祖神と考えられているわけです。

 境内にも、同様の碑があります。

 五条天神社 「医祖神之碑」

 両神について、日本書紀には、病を療(おさ)める方を定めたとなっていて、富士川游『日本医学史綱要』(1933年)には、「歴史家あるいはこの両神を以て我が邦医学の鼻祖なりとせり」と記しています。
 こういう認識が標柱などにも表れているのでしょう。
 
 祭神から見ても、普通の天神さんとは異なる五条天神社。
 次回は、この神社にまつわる別のエピソードを見てみましょう。


  五条天神社




 五条天神社

 所在 京都市下京区松原通西洞院西入ル天神前町
 拝観 境内自由
 交通 地下鉄「五条」下車、徒歩約5分



 【参考文献】
 堀内敬三ほか編『日本唱歌集』岩波文庫、1958年
 富士川游『日本医学史綱要 1』平凡社(東洋文庫)、1974年(原著1933年)


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント