04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

嵯峨の清凉寺で “回せる” ものは?

洛西




清凉寺仁王門


 見どころ満載の「嵯峨の釈迦堂」

 大報恩寺というより「千本釈迦堂」と呼んだ方が通りがいいように、清凉寺というより「嵯峨釈迦堂」と言う方がいいのかも知れない、清凉寺。
 その名の通り、ご本尊は釈迦如来立像。有名なこの像については、次回ふれる予定ですが、今日は違う見どころをご紹介しましょう。

 この建物です。

清凉寺経蔵

清凉寺経蔵
  仏の説法を意味する「転法輪」の額

 一切経蔵。一切経(大蔵経)を収める建物で、江戸中期の建築とされています。
 経蔵は、お寺にとって重要な建物のひとつで、古代の寺院では鐘楼と左右に並び立つ配置でした。宝形造が多くて、この経蔵も方三間の宝形造です。江戸時代のものは、やはり禅宗様のスタイルが一般的です。

 これは仁和寺の経蔵です。江戸前期(1640年代)のもので、重要文化財に指定されています。

仁和寺経蔵

 なかなか瀟洒な建物ですね。こちらも方三間の宝形造です。

 これは知恩院の経蔵。

知恩院経蔵

 こちらも重要文化財。元和7年(1621)頃に建てられました。屋根は裳階が付いていて一段と立派です。


 回る輪蔵

 これらの経蔵は、平面が四角くなっていて、なかに「輪蔵」を備えています。

清凉寺経蔵
  清凉寺の輪蔵

 輪蔵(転輪蔵)は経典を入れる収納棚です。八角形や六角形が多く、回転式ラックになっているものも多々ありますが、奈良の長谷寺のように回らないタイプもあります。清凉寺のものは六角形で、写真でわかるように、参詣者が実際に回すことができるのです!
 これは貴重 !! 経蔵は入れないところが多いのですが、中に入れる上に、自分で回せるとは…… 功徳が積めます。
 ただし、回し料100円(大人)必要です。といっても、万巻の大蔵経を転読した功徳があるわけですから、安すぎます。
 回してみると、はじめは重いのですが、いったん回り始めると案外かる~く回転します。

清凉寺経蔵

 細部も、逆蓮(ぎゃくれん、さかばす)柱と握蓮などが可愛いらしく、極彩色で目を楽しませます。

清凉寺経蔵

 外に向かって、傅(ふ)大士(善慧大士)が祀られています。中国6世紀の人。輪蔵の創始者とされていて、いわば大蔵経の守り神として尊崇されているのですね。やさしい表情をしておられます。

 大蔵経は、仏教の聖典全集というべきものですから、仏教を学ぶための必需品です。
 実は、清凉寺は大蔵経にゆかりの深いお寺で、平安時代、ここを開こうとした奝然(ちょうねん)は、宋に渡って北宋版大蔵経を持ち帰ったのです。全部で5,048巻あったといわれています。
 いま備えられているのは明版だそうですが、なにか奝然さんの思いが継承されているかのようです。
 
 回してみたときはそこまで考えなかったのですが、釈迦如来だけではない清凉寺の奥深いところを感じたのでした。 


清凉寺奝然上人墓 奝然上人墓(清凉寺)




 清凉寺(嵯峨釈迦堂)

 *所在:京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町
 *拝観:境内自由 ※ただし、経蔵100円、本堂400円など
 *交通:市バス嵯峨釈迦堂前下車



 【参考文献】
 渡辺照宏『お経の話』岩波新書、1967年
 濱島正士『寺社建築の鑑賞基礎知識』至文堂、1992年



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント