09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

昭和9年の地図を片手に、寺町・新京極の老舗をさぐる - その2 -





小野珠数店


 蛸薬師通から南の店を探る

 前回に続き、新京極と寺町京極の老舗を探る試みの第2回。
 まず、寺町通から行ってみましょう。

 蛸薬師下ルすぐのところに、昭和9年(1934)の地図「京極と其附近案内」には、「ノムラ洋服店」とあります。いま、靴下専門店・Tabio(タビオ)が入っているビルが、どうやら野村さんの所有建物のようです。

 タビオ
  Tabio HOMME

 その南。

 小野珠数店

 小野珠数店 小野数珠店

 さすが寺町通だけに、ここにも珠数屋さんが!
 小野珠数店。
 さぞかし古くから……、と尋ねてみると、事もなげに「300年余り前から」とおっしゃいます。こういうところ、とても京都らしいです。
 前回の安田念珠店と並んで、伝統のある数珠屋さんですね。

 数軒南には、鍾美堂 永松仏具店があります。
 ただ、この日は定休日だったので、店構えの写真はありません(ごめんなさい)。

 永松仏具店 鍾美堂永松仏具店

 こちらは慶長8年(1603)創業! だそうです。

 また、地図には出ていないのですが、その南側には古書・版画などを扱う大書堂があります。私も、ここでちょこっと和本などを買ったことがありますが、いつもショーウィンドーに浮世絵や版本が並んでいて目を楽しませてくれます。
 こちらは昭和元年(1926)創業だそうですが、なぜか記載されていません。地図のその場所には、「太陽堂洋服店」と書かれています。

 大書堂
  大書堂
 

 新京極の老舗は?

 新京極の方は、前回、蛸薬師上ルの鞄館タニムラまで紹介しました。
 そこからしばらく、昭和9年から営業を続けている店はなく、立江地蔵尊(善長寺、くさがみさん)の隣に、「ハマヤ帽子店」があります。

 ハマヤ帽子店

 ハマヤ帽子店 ハマヤ帽子店

 創業は大正13年(1924)。山高帽やベレー帽といった懐かしい品も扱っているようです。

 さらに、「左り馬」。

 左り馬
   左り馬

 「左馬」という言葉は、馬の字を逆さま(鏡文字)にしたもので、招福のゲン担ぎですね。それを店名にしているわけです。
 明治時代に小間物店として創業し、劇場が多かった場所柄でしょうか、舞台用化粧品、あぶらとり紙などを扱われています。

 左り馬

 左り馬

 看板に、歌舞伎の隈取りの絵があり、店の上を見上げると、歌舞伎などでお馴染みの三色の定式幕が掛かっていました!

 その斜め向かいには、千枚漬けの大藤。京漬物のお店です。

 大藤

 大藤
   千枚漬け本家 大藤

 千枚漬けの材料・聖護院かぶらの形をした看板がオシャレですね。
 こちらの創業は、慶応元年(1865)で、創業者の大黒屋藤三郎から「大藤」としたといいます。新京極商店街振興組合のウェブサイトには、「今や新京極で一番古い店となりました」と記されています。京都らしい漬物店です。

 蛸薬師通-錦小路通は、距離が短いせいか、昭和9年から続く老舗は、僅かに5、6軒程度でした。
 次回は、いよいよ錦小路から四条通の老舗を探ります。こちらは少し多いかな?

 錦天満宮
  錦天満宮




 新京極商店街、寺町京極商店街

 所在 京都市中京区新京極通四条上ル東側町ほか
 交通 阪急電車「河原町」下車、徒歩約5分



 【参考文献】
 「京極と其の附近案内」市民風景社、1934年
 新京極商店街振興組合ウェブサイト
 寺町京極商店街ウェブサイト

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント