03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

三井越後屋の京本店は、室町通に小さな庭としてその名残をとどめている





三井越後屋京本店記念庭園


 室町通を歩く

 出講している大学が上京区にあるので、そこから四条界隈に出掛ける際、ぶらっと歩いて行くことがあります。そのとき、よく通るのが室町通。
 いまでは、ひっそりとした街路ですが、呉服問屋など繊維商が並ぶ、京都で最もにぎやかな通りのひとつでした。

 その途中、二条通との交差点に、白壁の塀で囲まれた一画があります。

 三井越後屋京本店記念庭園
  縦の街路が室町通、横が二条通

 いったい、ここは何なのか?
 室町通側に、碑が建てられています。

  三井越後屋京本店記念庭園 「三井越後屋京本店記念庭園」

 「三井越後屋 京本店(ほんだな)記念庭園」。

 なるほど、とすぐに分かる人がどれくらいいるでしょうか?
 碑の文字を読んでも、やっぱりよく分かりません。

 せっかくなので、少し調べてみました。


 三越のルーツ、三井越後屋

 実は、この室町通二条上ルの場所には、昭和58年(1983)まで、デパートの三越京都支店があったと、三井広報委員会のウェブサイトに書いてあります。
 私には全く記憶がなく、そもそも当時このあたりを通ったこともなかったのでしょう。私が覚えているのは、四条通花見小路の北西角のビルが三越だったことで、こちらは割と近年まで営業されていました。しかし、その店舗も大丸や高島屋に比べれば、とても小さく、百貨店といえる規模ではありません。

 三井越後屋京本店記念庭園
  三井越後屋京本店記念庭園

 そんなわけで、京都の人には「三越」といっても馴染みが薄く、東京のデパートという印象が強いのです。
 そのため、この場所が三越のルーツのひとつ「三井越後屋」の故地であるのは、意外な感じがします。


 室町通の巨大店舗  

 江戸時代、規模の大きな呉服商のスタイルに、京都で西陣織などを仕入れて、江戸や大坂の店舗で売るという形がありました。これを「江戸店持(えどだなもち)京商人」と呼んでいます。
 
 三井越後屋の創業者は、三井高利です。
 伊勢国松阪の生まれで、若くして江戸にある兄の店で働き始めます。のち、松阪に戻って妻を迎え、金融業を営みました。子供は、なんと15人もいたそうです!
 52歳になった延宝元年(1673)、室町通蛸薬師に仕入店を開き、江戸・本町に三井越後屋呉服店を開設します。京の店は蛸薬師ということですから、室町二条からはずいぶん南です。
 商売も発展し、蛸薬師の店を拡張しますが、宝永元年(1704)、室町通二条の場所、冷泉(れいせん)町に移転しました。

 三井越後屋京本店記念庭園

 この店は、たいへん大きな店でした。
 京都の町(ちょう)は、道路をはさんで向かい同士が1つの町になる「両側町」が基本です。冷泉町は、室町通をはさんで向かい合う町でした。
 ところが、この店は、室町通の入口から奥にずっと進んでいくと、ついには1本西の衣棚通に抜けてしまうのでした!
 
 店の間口も18間あったといいますから、約32mの幅です。
 これは京都では、下村大丸屋(18間6寸)と並ぶ巨大店舗でした。
 京本店は、仕入れ店なので小売はしていません。しかし商品が多いのか、敷地の西側(衣棚通側)には8つ程度の土蔵が並んでいました。

 三井越後屋京本店記念庭園


 従業員も100人以上!

 従業員も大変多かったのです。
 西坂靖氏の研究によると、安永2年(1773)時点での従業員は、175人! もいたそうです。
 もっとも、上には上があって、江戸や大坂には200人~500人規模の店舗があったといいます。

 従業員にはどのような種類があったかですが、同氏の研究では、三井越後屋の場合、次の種類がありました。

  ・手代
  ・子供
  ・下男

 手代とは一人前の店員であり、営業活動に従事する者である。子供は、補助的業務に従事する者で、元服を済ませると手代になる。下男(または台所)は、手代・子供など店表の奉公人のための炊事など雑用を一手に引き受ける者たちである。(『三井越後屋奉公人の研究』36ページ)

  三井越後屋京本店記念庭園 三国稲荷大明神は越後屋時代から


 なるほど。
 店でお客さんの相手などの商売をするのが、手代です。幕末(元治元年=1864年)の資料では62人いて、全体の約半数でした(全員で114人いた)。
 このなかの偉い人たち5、6人は、店に住み込んでおらず通勤してきます。これを「別宅」といって、年齢は68歳~40歳。68歳の者は「元〆(もとじめ)」と呼ばれ、なんと勤続55年です!
 住み込みの者は、39歳以下。ここにも、「支配」「組頭」から「平」などまで、いろんなランクがあって、最も若い者は17歳です。

 かわいい呼び名の「子供」、これは手代の手伝いをする者で、のちに手代になります。彼らは13歳~17歳で、元治元年には26人いました(全体の2割余)。
 入ったばかりの者は「丸額(まるびたい)」と呼ばれ、その上が「角前髪(すみまえがみ)」と呼ばれます。もちろん髪型に由来する名称です。

 彼らの出世のランクを見ていると、相撲の番付を見るような気がします。

 一方、炊事などの家事や単純労働をするのが、下男。別名「台所」です。
 同じ時期、26人いました。
 手代や子供が、京都などの商人や職人の子弟だったのに対し、下男は北陸地方や近江、丹後、丹波などの農家の出身でした。
 仕事も違えば、出自も異なるわけです。
 奉公を始めた年齢も比較的高く(平均が24.5歳)、「権助」とか「五助」といった下男としての名前を与えられていました。
 
 ひとつ屋根の下に、100人も暮らすとなると、いろいろ大変そうです。
 現代の会社も厳しいことが多いけれど、江戸時代の商人たちもきっと苦労が多かったことでしょう。

 
  三井越後屋京本店記念庭園




 三井越後屋京本店記念庭園

 所在 京都市中京区室町通二条上ル冷泉町
 見学 内部の庭園は非公開
 交通 地下鉄「丸太町」下車、徒歩約5分



 【参考文献】
 西坂 靖『三井越後屋奉公人の研究』東京大学出版会、2006年
 高橋康夫ほか編『日本都市史入門 Ⅲ 人』東京大学出版会、1990年
 鎌田道隆『京 花の田舎』柳原書店、1977年


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント