05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

【大学の窓】秋学期が始まった

大学の窓




 秋のキャンパス

 出講している上京大学(仮称)も、今週から秋学期が始まりました。

 近年では、夏休み明けの学期のことを「秋学期」と呼ぶようになっていて、「春学期」との2学期制です。
 私たちが学生のころは、「前期」「後期」と呼んでいました。呼称の変化も、いわゆるセメスター制というものに関係があるんでしょうか。

 授業は2時間目からなのですが、だいたい1時間目から大学に行き、図書館で過ごすようにしています。
 ところが、今日は入り口のゲートにカードを通すと、赤ランプが!
 すぐに係の人が来て、聞いてみると、学期の節目には登録し直す必要があるらしい。
 今日は残念ながら身分証明証を持っていなかったので、更新できず、入れませんでした……

 あとから考えてみると、昨年の秋も、今年の春も、そのような更新はなかったような。変わったのかな?

 仕方ないので、図書館の代わりに、キャンパス内のカフェに行きました。
 すると、夏休み明けのせいで……

 キャンパスのカフェ

 きれいに改装されていました!

 ホテルのロビーみたい。
 夏前までは、昔の学食で使っていたような無骨な白いテーブルだったのですが、街中のカフェのようになりました。
 さすがに、このソファに座る勇気はなく、窓際の木の椅子にしました。
 あとから入ってくる学生たちも、微妙に戸惑っていておもしろい。

 カフェも変わったように、これから対面する1回生たちも、ひと夏を越えてどのように変わっているか、楽しみです。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント