09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

建仁寺両足院の毘沙門天堂は、“生き物”のオンパレード

洛東




建仁寺両足院


 建仁寺の塔頭・両足院

 建仁寺といえば、祇園の花街の南にある禅宗寺院。というか、建仁寺の境内を分けてもらって、あの花街が出来たという方が正しいのでしょう。四条大和大路、または花見小路下ルにあります。

 建仁寺両足院

 山内には、いくつもの塔頭がありますが、そのひとつに両足院(りょうそくいん)があります。
 開山は龍山徳見で、もとは知足院と呼ばれていました。近年では、半夏生の庭や手作り市でも知られています。

 建仁寺両足院
  建仁寺 両足院

 
 毘沙門天を祀るお堂

 門をくぐると、すぐ左手に毘沙門天堂が建っています。

 建仁寺両足院

 建仁寺両足院
  背面(北西側)

 桁行三間、梁間三間、入母屋造のお堂です。
 うしろから見ると、そんな大きく感じないけれど、正面には唐破風が付いているので、ずいぶん立派に見えます。

 建仁寺両足院

 前方に唐破風の拝所を付け足しているスタイルです。
 こういう形にすると、参拝者には大変便利ですね。 

建仁寺両足院

 このお堂には、毘沙門天が祀られています。

 毘沙門天は多聞天ともいい、四天王のひとつ。北方の守護神です。そのため、京都では、王城の北に位置する鞍馬寺の毘沙門天が著名です。
 
 両足院のお堂に祀られている毘沙門天は、鞍馬寺の毘沙門天の胎内仏といいます。なので、小さな尊像ですが、ふだんは厨子の中におられるため、直接お姿を拝することはできません。お詣りの際に、目の前に立っておられる毘沙門さんは、お前立ちです。

 寺伝によると、比叡山が織田信長に焼き討ちに遭った際、鞍馬寺の僧侶が比喜多養清にこの像を託したといいます。
 比喜多氏は、筑前・黒田家と縁があった関係で、黒田長政が関ヶ原合戦の際、この毘沙門天を兜に入れて出陣し、勝利を収めたそうです。
 維新後、明治10年(1877)頃に、黒田家から両足院に移されました。

  建仁寺両足院 「毘沙門天王」

 毘沙門天は、武神としての側面と、財福をもたらす福神の側面をあわせ持っています。特に、後者の点から、七福神のひとつとして信仰されるようになっています。


 毘沙門天と虎

 その毘沙門天。古くから、<寅の年、寅の日、寅の刻>に出現するという伝えが多いため、そのお使いは虎だとされてきました。聖徳太子が物部氏討伐を祈願した信貴山の話が有名ですね。
 このため、毘沙門天を祀るお寺を訪ねると、たくさんの虎が見られます。両足院も例外ではありません。

 建仁寺両足院
 
 建仁寺両足院

 狛犬のように、毘沙門天堂の前にいる一対の虎の像。
 昭和13年、14年(1938-39)に、松原烏丸の武内伊助という人と、祇園花見小路の佐々木秀という人が奉納したもので、石工は辻平四郎と刻まれています。
 なかなかリアルな彫像ですね。右が口を開けた阿形、左が閉じた吽(うん)形になっています。

 拝所にある銅製の線香立です。

 建仁寺両足院

 建仁寺両足院  建仁寺両足院

 左右に虎がつかまっています!
 なんとなく、おもしろい虎ですね。


 さらに、ムカデも!

 この線香立の真正面には、こんな図柄が……

  建仁寺両足院

 向かい合う2匹のムカデ!
 丸く、紋になっています。
 
 さらに、提灯にも !!

  建仁寺両足院

 ひげ(触角?)が微妙に違うけれど、ほぼ同じ図柄ですね。

 そういえば、昨冬、信貴山の朝護孫子寺に行った折にも、結構「ムカデ」がいました。
 ムカデは、毘沙門天のお使いらしいのです。

  信貴山朝護孫子寺 信貴山・朝護孫子寺のムカデ

 なぜ、ムカデなのか?

 西村千穂氏の論文「毘沙門天と福」によると、ムカデの細長い体や足が、鉱山の“鉱脈”のように見えることから、ムカデがその比喩になったのではないかと推論されています。そして、鉱脈がある山には毘沙門天(多聞天)が祀られているケースも多いことから、両者が結び付いたのではないかと示唆されています。
 これが、<毘沙門天=鉱山・鍛冶の神>説。この論文はなかなか難しくて分かりづらい点もあるのですが、おもしろいので紹介しておきます。

 黒川道祐「日次紀事」(1676年)には、毘沙門天を祀る鞍馬寺での奇習を報告しています。

 それによると、1月の初寅の日、鞍馬寺に参詣すると、付近の人々が“生きたムカデ”を売っているというのです。これを「御福」と呼んでいるそうで、売っている理由はムカデが多聞天(毘沙門天)のお使いだから、と書いています。
 さらに奇妙なのでは、鞍馬の村ではニワトリを飼わないのだそうです。なぜなら、ニワトリはムカデを好んで食べるから。

 ムカデを漢方薬にして売るというのは聞いた覚えもありますが、生きたムカデを売るとは奇想天外です。

 これとは別に、よく耳にする説は、ムカデは足が多いけれど、お金のことを俗に「お足」と言う。その「足」つながりで、ムカデが財福をもたらすとイメージされるのだ--というものです。
 そうすると、財福というキーワードで、ムカデと毘沙門天が結び付くわけですね。

 江戸時代の言葉遊びみたいで単純な解釈という気もしますが、案外こんなところで両者がつながっていったのかも知れません。


  建仁寺両足院




 建仁寺両足院 毘沙門天堂

 所在 京都市東山区大和大路四条下る小松町
 拝観 毘沙門天堂は自由
 交通 京阪電鉄「祇園四条」下車、徒歩約10分



 【参考文献】
 「日次紀事」1676年(『新修京都叢書』所収)
 西村千穂「毘沙門天と福」(『民衆宗教史叢書 20 福神信仰』雄山閣出版、1987年所収)


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント