FC2ブログ
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS朝日「京都ぶらり歴史探訪」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

京都市内に点在する神明社は、神明造の立派な社殿が特徴的 - その2 -





高松神明


 高松殿の跡地にできた高松神明

 神明社めぐりの続きです。
 四条烏丸に近い頼政神明から、ずっと北に上がって、御池通の手前まで来ました。
 詳しくいうと、姉小路通新町西入ルです。
 
 ここには、平安時代、醍醐天皇の皇子・源高明の邸があった場所で、のち高松殿と呼ばれました。
 この場所に、高松神明社があります。通り名から、姉小路神明とも称されました。

 高松神明
  高松神明社

 前回紹介した「京羽二重」の神明社リストでは、9番に当たります。
 神明鳥居があり、参道の向こうに社殿が見えています。

 高松神明 高松神明

 高松神明

 天照大神のほかに、八幡神社と春日神社も祀っています。
 本殿は神明造だと思うのですが、よく見えないので分かりません。

 ちなみに、この神社の東にある新町通の両側町は、「神明町」という名前になっています(御池通の北辺から姉小路通まで)。昔は、もっと広い境内だったのでしょう。


 北野天満宮近くの高橋神明
 
 「京羽二重」には、7番に「北野東の鳥居二丁上ル所」という神明社が記載されています。

 北野天満宮の東の鳥居から、200m余り北の場所です。
 鳥居の前の道は御前通ですが、それを少し北上すると寺之内通にぶつかります。地図を見ると、そのあたりが「神明町」になっています。

 高橋神明
 高橋神明 神明町かいわい

 場所は、御前通寺之内下ルというわけですが、残念ながら今は何も残されていないようです。
 かつて、ここにあった神明社は、紙屋川に架かる橋の名を取って「高橋神明」と言ったようで、北野天満宮に近い神明社として知られていました。
 萩原龍夫氏によると、この神明社に「新伊勢」を勧請したのは室町時代の永享10年(1438)のことだそうです。ただ、先にふれた高松神明と名前が似ていることから、混同されることもあったといいます。

 「山城名勝志」巻7には、

 高橋ノ神明
 今、北野宮ノ北、高橋ノ東南一町許[ばかり]に坐す神明社ナルベシ


 と記されています。

 いま、その社は北野天満宮の中に遷座しています。
 お参りに行ってみると、残念ながら一帯の摂末社が修理中だったので、拝めませんでした。


 最後に訪ねた日向神明宮は…

 私が、この神明社めぐりを行ったのは、2014年8月13日でした。
 京都市内をぐるっと時計回りにめぐって、高橋神明でおしまいにする予定でした。
 しかし、少し欲が出てきて、一番大きな日向神明宮を訪ねてみようと思い立ちました。

 場所は、ウエスティン都ホテルのある蹴上(けあげ)から、旧東海道の坂を上って行った途中です。その左方の山に神明宮があります。かつては、粟田口神明とも呼ばれました。

 自転車を山下に停め、歩いて進むと、なにやら看板が。

 日向神明宮への道

 琵琶湖疏水に架かる橋に、「通行止」とあります。
 でも普通に行けるので進んでいくと、また通行止めの看板。
 それでも脇道を行ってみると、ついに……

 日向神明宮への道
   日向神明宮への道(2014年8月13日撮影)

 崖崩れ!

 直前の8月10日に関西を直撃した台風11号の爪痕です。
 やむなく引き返しました。

 掲出されている管理者の文書によると、迂回路からは神明宮に行けるとのことでしたが、その日は遠慮しました。関係者の方にはお見舞い申し上げます。

 最後に、災害のおそろしさを認識した神明社めぐり。
 社殿や参道の維持は昔から大仕事で、社地の移転に伴う出費や苦労も並み大抵のものではありません。そんな大変さを感じた神明社めぐりでもありました。




 高松神明社

 所在 京都市中京区姉小路通釜座東入ル津軽町
 拝観 境内自由
 交通 地下鉄「烏丸御池」下車、徒歩約5分



 【参考文献】
 「京羽二重」(『京都叢書』所収)
 「山城名勝志」(『新修京都叢書』所収)
 萩原龍夫「京都の神明社」(『伊勢信仰Ⅰ』雄山閣、1985年所収)



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント