10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

江戸時代、四条大和大路にあった“お伊勢さん”太神宮は、参詣者で大にぎわい

洛東




四条大和大路


 名所図会にある謎の神社?

 なにげなく「都林泉名勝図会」を見ていたら、にぎやかな神社のな絵が目にとまりました。

 この書物は、主に京都の庭園を紹介し、寛政11年(1799)に刊行されていますが、意外に庭以外のことも取り上げていて、おもしろいんですね。その一例が、この絵です。

  「都林泉名勝図会」より「四条縄手辻太神宮」
  「都林泉名勝図会」巻2より「四条縄手辻 太神宮」

 小さい境内ながら、鳥居があり立派な社殿のある神社です。
 男女大勢の人たちが群集し、参詣しています。画面左上には酒屋もあって、そちらに興味の向く人もいるようですね。

 タイトルは、「四条縄手辻[なはてのつぢ] 太神宮[だいじんぐう]」とあります。
 提灯や灯籠にも「太神宮」の文字が見えます。
 
 太神宮とは、何なのか?
 辞書を開けば、

 (1)天照大神をまつる宮。すなわち、伊勢の皇大神宮(内宮)。また、天照大神をいう。
 (2)伊勢の皇大神宮(内宮)と豊受大神宮(外宮)の総称。 


 とあって、文字は「大神宮」と「太神宮」が併記されています(『日本国語大辞典』)。

 つまり、平たく言えば“お伊勢さん”のこと。伊勢にある伊勢神宮を指すとともに、各地に勧請された神社も指しています。

 ということで、この絵もお伊勢さんを勧請した社なので、社殿をよく見ると、

  「都林泉名勝図会」より「四条縄手太神宮」

 屋根に千木(ちぎ)と鰹木(かつおぎ)があって、伊勢神宮と同じ神明造になっていること分かります。
 ただ、屋根には反りがあって、少し流造風に見えますね。


 四条縄手辻

 この場所ですが、名勝図会には「四条縄手辻」と書いてあります。
 「縄手」とは、縄手通の意味で、大和大路のことです。鴨川の脇の川端通より1本東の通りです。
 辻ですから、四条通と大和大路の交差点(角)にあったということでしょう。

 黒川道祐「雍州府志」を見ると、

 神明社 地蔵堂西、四条辻にあり、すなわち伊勢太神宮なり

 とあり、「神明社」とも呼ばれていたことが分かります。
 ここにみえる地蔵堂とは、めやみ(目疾)地蔵(仲源寺)のことです。めやみ地蔵は、大和大路の南東にありますので、太神宮はその西横、角にあったということになります。

 「都林泉名勝図会」の記述を読むと、こう書かれています。

 近年破弊に及びしを ぎをんの妓婦女伶のともがら きそひて寄進し、寛政十年の夏 再建なりて壮麗たるやしろとなる

 近年、神社の社殿は崩れてしまったが、祇園の綺麗どころの女性たちが寄付をして建て直した。それが寛政10年の夏のことだということです。

 寛政10年は、1798年。「都林泉名勝図会」が出版された前年なので、書いてある内容も信用がおけそうですね。

 この絵の社殿があった場所は、現在このようになっています。

 四条大和大路
  左右の通りが四条通

 いま角は、八ツ橋などを売る土産物店になっています。
 ということは……

 1799年から2014年の間に(200年以上ありますが!)、この神社はなくなったということになります。

 どうなったのか?
 少し古い文献、「京都坊目誌」(下京第十五学区)を調べてみました。
 すると、

 神明ノ社址  祇園町南側仲源寺の西角にあり。創建年月詳ならず(中略)
 慶応三年 附近火あり、為に類焼す。其後仮殿たりしが、明治六年 八坂神社境内に移す。


 と書かれています。
 慶応3年(1867)に近所で火事があり、神社は類焼してしまった。その後、仮殿だったが、明治6年(1873)、八坂神社の境内に移した、という記述です。
 

 八坂神社に遷座

 ということで、八坂神社に行ってみました。
 
 八坂神社大神宮社

 本殿の右手(東側)から裏手にかけては、摂社、末社がたくさん並んでいます。
 そのなか、一番南にありました。

 八坂神社大神宮社

 大神宮社です。

 写っているのは神門ですが、屋根をよく見ると神明造になっていますね。

 八坂神社大神宮社

 八坂神社大神宮社

 「内宮」「外宮」という額が掛かっています。

 ということは社殿も、

 八坂神社大神宮社

 こんなふうに、内宮と外宮の2殿があります。
 江戸時代、四条大和大路では1つの祠でしたが、立派になったわけですね。

 少し微笑ましいのは、この石。

 八坂神社大神宮社

 二見石と書かれています。遠目で分かりづらいのですが、伊勢・二見が浦の夫婦岩を模したものでしょう。
 
 というわけで、四条縄手辻にあった太神宮は、いまは八坂神社内の大神宮社となっていることが分かります。

 調べているうちに、江戸時代の京都には、他にもお伊勢さんを祀った神明社(神明宮)がいくつもあったことが分かってきました。そこで私も、市内にある神明社めぐりをしてみたのです。
 次回はそれを紹介します。

 八坂神社大神宮社




 八坂神社 大神宮社

 所在 京都市東山区祇園町北側
 拝観 境内自由
 交通 京阪電車「祇園四条」下車、徒歩約10分



 【参考文献】
 「都林泉名勝図会」1799年
 黒川道祐「雍州府志」1686年(『京都叢書』所収)
 碓井小三郎「京都坊目誌」1915年(『京都叢書』所収)


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント