09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

【新聞から】左京区役所跡に石碑建立へ





旧左京区役所庁舎


 京都・左京区役所旧庁舎の歴史、後世に
 住民が石碑建立へ
 京都 2014年8月10日付


 記事によると、左京区の東一条に3年前まであった左京区役所の跡地に、地元の人たちが石碑を建てる計画を進めているということです。
 実行委員会を作って、募金活動が開始されました。

 先日、私も跡地前を通りましたが、旧庁舎は完全に取り壊され、新たな建築の工事が始まっていました。
 なにが建つのかな? と思いましたが、記事によると、土地は京都大学が取得し、研修施設を建てるのだそうです。完成は12月といいますから、もうすぐですね。

 旧左京区役所庁舎
  旧左京区役所 (2013年1月撮影)

 これが、ありし日の旧庁舎。区役所が松ヶ崎に移転したあとの姿です。
 昭和5年(1930)に建てられた近代建築。
 昭和初期らしく、コーナーを曲線的に処理し、東一条通側を3階建、奥行を2階建にして、段差を付けています。

旧左京区役所庁舎

 装飾は控えめで、役所の庁舎らしいですね。
 利用時は、写っていない東側から入るようになっていました。

 『日本近代建築総覧』を見ても詳しいデータはなく、デザイン的にも突出したものではないのですが、約80年前の近代建築です。移転の際、保存するかどうかという話も聞いた覚えがありません。なにか、ひっそりと取り壊された印象です。

 私にとっては、この建物は<建築=文化財>として映るのですが、地元の方は違うようです。
 建碑の実行委員長となった方は、「ここに区役所があったことが忘れられるのは悲しい」と言っておられるように、区役所の存在が記憶として重要なようです。

 通常、大きな施設があると、違法駐車やごみのポイ捨てなど迷惑がられることも多いのですが、<区役所のある地域>というのが誇りだったのでしょうね。

 市役所跡の石碑というのは見たことがありますが、区役所というのは珍しいのでは?
 それだけ、地元の人たちには愛着がある施設だったのでしょう。

 いま、上京区役所も建て替え中ですが、こちらはどうなのか気になり始めました。


  旧左京区役所庁舎




 左京区役所跡

 所在 京都市左京区上阿達町
 見学 旧建築は取り壊し
 交通 市バス「京大正門前」下車、徒歩約3分



 【参考文献】
 『新版 日本近代建築総覧』技報堂出版、1980年


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント