03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

小学校の “塀” も、意外におもしろい





旧生祥小学校


 市街中心部に残る旧小学校
 
 京都中心部にあった小学校の旧校舎については、以前ここでも旧龍池(たついけ)小学校を取り上げました。

 記事は、こちら! ⇒ <今では国際マンガミュージアムになった旧龍池小学校は、学区の人たちの誇りを凝縮>

 他にも、京都芸術センターとなった旧明倫小学校など、いくつかの校舎が残されています。

 京都の中心部は、産業の隆盛に応じて裕福な学区が多く、彼らが出資した小学校の建物も立派だったのです。その代表は、四条烏丸をはさんだ区域の日彰学区と明倫学区でした。
 四条通の北側の旧学区は、東から(鴨川の方から)、立誠、生祥、日彰、明倫、本能と続きます(堀川通まで)。

 今回は、旧生祥小学校を取り上げますが、この学区は、およそ北は三条通、南は四条通、東は寺町通、西は富小路通・柳馬場通あたりに囲まれた区域です。つまり、四条河原町の西北方向ですね。
 小学校は、富小路六角下るにあります。

 生祥小学校は、現在は廃校となり、地域の方々などが使用されているようです。
 このあたりの学校はすでに統合され、子供たちは日彰小学校の場所にできた高倉小学校に通っています。


 昭和初期にできた校舎

 旧生祥小学校
  旧生祥小学校

 校舎は、昭和14年(1939)に建てられたものです。設計は、京都市営繕課。
 富小路通に沿って、南北に長く伸びた校舎で、校庭は敷地の東側にあります。
 思い出してみると、龍池校も明倫校も、校庭は校舎の東側にありましたね(細かくはコの字型やL字型になっているのですが)。立誠校は、校庭の北側に校舎が建つ形でしたかね。

 生祥校は、写真を見て分かるように、正面玄関の位置には門はなく、直接校舎に入る形を取っています。
 ここを通るたび、目につくのが塀なのです。

 旧生祥小学校

 低い開放的な塀が長く続いていて、玄関前には小さな親柱を立てています。

  旧生祥小学校

 いつも気になるのが、その石材で、龍山石が使われています。
 柔らかい、黄色っぽい石で、播州(兵庫県西部)で取れます。古墳の石棺としても使われていて、加工しやすい材料なのですね。
 ちなみに、先日、「石の宝殿及び竜山石採石遺跡」(兵庫県高砂市)が国史跡に答申されました。龍山石好き? の私にはうれしい限りです。

 近代建築の外壁などにしばしば使用されるのですが、もろいので欠けやすいのです。
 この小学校でも、塀に使っているせいで、痛んでいる箇所が見られます。

 旧生祥小学校
  正常な状態

 旧生祥小学校
  痛んできた石材

 雨がたまったりするせいでしょうか……

 旧生祥小学校

 龍山石の下部は、石に似せた「擬石」で仕上げています。

 旧生祥小学校

 塀の龍山石、その黄色っぽい色合いは、校舎外壁のタイルのテイストに合わせているものです。
 統一感がありますね。

  旧生祥小学校


 反対側の塀も、なかなかだ

 上の塀は、西側の塀でした。
 反対側の東に回ってみましょう。

 旧生祥小学校

 校庭側に、50m以上にわたって長い塀が続いています。

 旧生祥小学校

 単調な塀。
 おまけに、前にずーっとコーンが置いてある……

 しかし、じっくり見ると、なかなかいけるんですよ、この塀が。

 まず、全体は3段構成。
 一番下は擬石、中段はモルタルです。

  旧生祥小学校

 下の方が、粗い仕上げなのですね。

 そして、最も上にはタイルを使用。

 旧生祥小学校 旧生祥小学校

 小ぶりな布目のタイルです。
 やはり東の塀も、タイルやモルタルをベージュ色に仕上げていて、校舎にマッチするように配慮しています。

 一番いかすのが、このデザイン。

 旧生祥小学校

 窓っぽいですけれど、飾りです。
 武者窓、あるいは京都なので虫籠(むしこ)窓の意匠なのでしょうか。
 他で見たことがない、洒落た工夫ですね。

 最後に。
 塀の北端に、こんなものが!

  旧生祥小学校

 「此の附近にゴミを捨るな 京都市」

 んー、落書きみたいだけど、市が書いた“警告”でした。

 京都は、やっぱり小学校がおもしろいですね。




 旧生祥小学校

 所在 京都市中京区富小路六角下る骨屋之町
 見学 外観自由 (内部は見学できません)
 交通 阪急電車「河原町」下車、徒歩約10分



 【参考文献】
 日本建築学会編『日本近代建築総覧』技報堂出版、1980年


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント