08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

扉はどっちに開いてる? (その1)

建築




三十三間堂


 ちょっと気になる扉の開き方

 あなたの家の玄関扉は、内開きですか、それとも外開きでしょうか?

 お寺に行くと、門・本堂・塔など、建物には必ず出入り口が付いています。そこには、開き戸や引き戸や、場合によっては蔀戸(しとみど)などが付いています。こういうことは、割と目に付くもので、記憶に残ります。
 けれども、開き戸の場合、それが内側に開くのか、外側に開くのかは、案外覚えていません。ひとに聞いてみても、記憶は曖昧なようです。
 そこで、今回は、開き戸の開き方を2回にわたって考えてみましょう。


 多くの扉は<外>に開く

三十三間堂 三十三間堂

 写真は、三十三間堂です。一間ずつ開き戸が付いていて、外側に開いています。冒頭の写真は、そのクローズアップです。

妙心寺仏殿

 こちらは、花園にある妙心寺の仏殿です。扉をアップで見ますと、下の写真の通りです。

妙心寺仏殿

 これは折れ曲がった開き戸で、「両折」(もろおり)というタイプ。禅宗様によくある「桟唐戸」(さんからど)という種類なので、「両折桟唐戸」と呼んでいます。これも二つ折りになりながら、外に開いています。扉の軸の上下に、出っ張った材(赤丸)が付いていますが、これが扉を取り付ける「藁座」(わらざ)です。

 このように、お寺の建物の扉のほとんどは、外開きなのです。
 けれども、いくつか例外もあります。


 門はどっちに開く?

 ところが、門は違うのです。これは妙心寺の三門。

妙心寺三門

 とても美しい門ですが、扉の細部を見ると……

妙心寺三門

 このように、扉の内側に藁座(黄色い部分)が付いています。扉は、藁座を取り付けた側にしか開きませんので、この扉は内開きになります。

仁和寺二王門

 こちらは、御室の仁和寺の二王門です。
 これも内開きになっています。

仁和寺二王門

 寺院の門は、基本的には内開きになっています。
 では、他に、内開きの建物はあるのでしょうか?

 こちらをご覧ください。

東寺宝蔵
  東寺宝蔵(藤原義一『京阪沿線の古建築』より) 

 古い写真で見えにくいのですが、東寺の宝蔵です。平安時代後期の校倉造の建築です。珍しく扉が開いている写真で、よく見ると開いている扉と閉まっている扉の二重扉になっているのが分かります。つまり、外扉は外開きに、内扉は内開きになっています。
 実は、蔵も内開きの扉を持つ建物なのです。

 奈良文化財研究所が古代建築の扉を調査したところ、蔵については、法隆寺経蔵・綱封蔵、唐招提寺経蔵・宝蔵、東大寺本坊経庫・勧進所経庫・法華堂経庫など、すべて内開きだったそうです。
 同所の研究では、門や蔵など防犯上の機能が求められる建物は内開きにしたと考えられています。
 なぜ内開きだと防犯によいのか。それは扉の軸を取り付ける部分が内側にあると、外からは扉を外せないからです。逆に外側に取り付けていると、外から外せます。先ほどの藁座の写真を見ていただいても(時代は新しくなりますが)、内側に取り付けていると侵入者は外せませんね。

東本願寺台所門
  東本願寺内事門(台所門) 内開きの門扉の例
 

 外開きの利点は…

 門や蔵は内開きでしたが、それ以外の建物のほとんどは外開きです。
 外開きは、どんな点で有利なのでしょうか? その理由として、内部空間を広く利用できることや、風雨に強いことがあげられます。確かに、強い風が吹いてきた場合、内開きですと開いてしまうおそれがあります。
 扉を外開きにすると、扉の内側が見えるため、内側もある程度きれいに仕上げる必要があり、経費も手間もかかります。造る側には負担ですが、手を抜くわけにもいきません。このあたりについては別の話になるので、また機会があればお話しましょう。

 次回【その2】では、門でも蔵でもないのに内開きの建物がある! ことについて、ご紹介します。




 【参考文献】
 藤原義一『京阪沿線の古建築』1936年、京滋探遊会
 山下秀樹ほか「古代建築における扉の構造と意匠」(『奈良文化財研究所紀要2007』所収)
 『東寺の建造物-古建築からのメッセージ』1995年、東寺宝物館



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント