FC2ブログ
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS朝日「京都ぶらり歴史探訪」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

鎌倉建築の東福寺・六波羅門は、修理を重ねて年を経てきた

洛東




東福寺六波羅門


 「伽藍づら」の東福寺

 かつて京都の臨済宗寺院には、寺の特徴を表すいろいろなニックネームがありました。
 お茶の世界と交流が深かった大徳寺は「茶づら[面]」、数多くの末寺を持ち経済基盤が安定していた妙心寺は「算盤づら」、そして山内の建物群が立派であった東福寺は「伽藍づら」と称されていました。

 確かに東福寺には、現存する伽藍からみても、国宝・重要文化財の建築が多数あり「伽藍づら」にふさわしい様相です。

 *三門(国宝・室町時代)
 *禅堂(重文・室町時代)
 *東司(重文、室町時代)
 *浴室(重文、室町時代)
 *月下門(重文、鎌倉時代)
 ★六波羅門(重文、鎌倉時代)
 ★十三重塔(重文、室町時代)
 ★偃月橋(重文・桃山時代)
 ☆二王門(重文・桃山時代…旧万寿寺)
 *鐘楼(重文・室町時代…旧万寿寺)
 *三聖寺愛染堂(重文・室町時代…旧万寿寺)
 ・常楽庵(重文・江戸)
 (※竜吟庵は除く)

 頭に記した印は、それぞれが国指定になった時代を示しています。
 *は明治時代、☆が大正時代、★が昭和戦後、 ・が平成です。主な建物のほとんどが、明治30年(1897)から40年(1907)の間に指定を受けていることが分かります。

 東福寺には、山内に入る外縁に数多くの門が設けられています。
 本町通(伏見街道)に面しては、北大門、中大門、南大門があり、いずれも京都府指定の建造物です。また、中大門を入った先にある日下門も府指定です。

 南大門をくぐり、坂を上ったところに2つの門があります。六波羅門と勅使門です。

 東福寺六波羅門
  六波羅門(左)と勅使門(右)  後方は三門

 勅使門は、巨大な三門と直角に口を開いています。桃山時代、天正18年(1594)の建築です(明治時代に移築)。この門も府指定です。
 一方、総門にあたる六波羅門は、もとは六波羅にあった平家の邸宅(六波羅第)の門を移築したものといわれ、鎌倉時代前期のものです。そして、周囲に置かれた門のうち、これだけが国の重要文化財に指定されています。
 東福寺全体でみても、鎌倉時代の建築は、この六波羅門と月下門の2棟だけで、貴重な建築となっています。


 戦後に重文指定された六波羅門 

 東福寺六波羅門
 六波羅門(重文)

 現在の六波羅門です。
 とても簡素で、隣の勅使門と比べても屋根の勾配がゆるくて、時代の古さを印象付けます。

 「都名所図会」(1780年)で、江戸中期の様子を振り返っておきましょう。

 「都名所図会」より東福寺
 「都名所図会」巻三より東福寺(部分)

 東福寺の伽藍は、明治14年(1881)の火災により、仏殿より北側は大きく姿を変えています。しかし、三門より南方は、現在と余り変わっていません。

 「都名所図会」より東福寺

 六波羅門と勅使門。
 勅使門は、現在、常時閉ざされていますが、当時はこのように柵があったのですね。
 一方、六波羅門の前には10段以上の石段があります。前の道路がかなり嵩上げされたことがうかがえます。

 この六波羅門、先ほどのリストでは昭和戦後の指定文化財となっていました(昭和28年=1953指定)。
 月下門と並んで、鎌倉時代の建造物なのに、かなり遅いのでは? と疑問もわきますね。

 この点について、藤原義一・京都帝大教授が昭和19年(1944)に出版した『京都古建築』を見ておきましょう。

 三門の前方少し西寄りに鎌倉時代と思はれる四脚門が一棟ある。
 円柱が冠木を貫き、その上端が妻の板蟇股を挟む、鎌倉時代の絵巻物などによく描かれてゐる門の実例である。
 破風も梅鉢懸魚も古く、屋根の巴瓦にも当初のものが残され、大疎棰[おおまばらたるき]の用ひ方にも特色があり、全体として雄健な力のこもつた調子は、月下門とよき対比をなすものであり、両者の建築としての性質、一は皇居の門、一は寺院又は武家邸宅に多く造られた門として見るとき特に興味深い。但しこの門は未だ国宝にも重美にもなつてゐない。(58-59ページ)


 鎌倉時代の貴重な遺構なのに、「未だ国宝にも重美にもなっていない」という藤原先生の嘆きが聞こえてきますね。
 確かに、地味な門なので、三門やら禅堂やらの陰に隠れて、戦前は見過ごされていたのでしょう。
 ちなみに、北大門、中大門、南大門や勅使門は、いずれも府指定文化財ですが、桃山時代の建築です。これが府指定とは、さすがに京都だと感心すべきなのかも知れません。

 東福寺六波羅門
 六波羅門(門扉を閉じたところ)


 指定では「棟門」に…

 東福寺六波羅門

 この門は、上の引用文でも「四脚門」(よつあしもん、しきゃくもん)と書かれているように、丸い本柱の前後に、角柱が立てられています。

 東福寺六波羅門
 門の左右に袖柱が立っている

 前後に、あわせて4本の角柱(袖柱とか控柱と呼ぶ)が立っているので四脚門と呼ぶわけです。
 この門は、どう見ても四脚門だと思うのですが、重文指定においては「棟門」となっています。

 ? と、考え込んでしまいました。

 で、いちおう考えてみた結果は、こんな感じです。

  東福寺六波羅門 東福寺六波羅門
  六波羅門の袖柱

 左の写真は、門の表、右側の袖柱のクローズアップです。節くれ立った少し粗悪な材が使われています。
 右は、門の内側、西の袖柱です。無数の虫食い穴が開いています。これも良材とは言い難い雰囲気です。

 このように、材に注目すると、どうもこの袖柱が後世に付け加えられたものではないかと推測できます。
 つまり、門ができた当初は2本の本柱だけで支える棟門だったけれど、時代が経つにつれて不安定になってきたため、支えのために袖柱で補強した、ということです。
 だから、門の形式としては、完成当初の棟門と記載されている、と考えてみました。

 さらに推理を重ねてみましょう。
 「都名所図会」の絵には、すでに袖柱は描かれていますから、江戸中期には四脚門のスタイルになっていました。
 では、どの時点で補強したのか?

  東福寺三門 三門の控柱

 三門の写真です。
 実は、三門にも、屋根の四隅を支える控柱(角柱)が立っています。これは「太閤柱」と呼ばれているそうで、地震による三門の傾きを豊臣秀吉の寄進によって修復した(天正13年=1585)際のものだといいます。

 想像をたくましうすると、その同じ時に六波羅門にも袖柱を付けて補強したのではないか? と、ここまで来るとあくまでイマジネーションの世界ですね(笑)
 

 まだまだ補強!

 とにかく、この六波羅門は補強のオンパレードです。

 本柱の下部や、後補の袖柱の下部も、さらに材を取り換えて継いでいます。
  
東福寺六波羅門
  袖柱の下部

 たぶん下の方は虫損か腐食が激しくて、どうにもならなかったのでしょう。

 門の表側の袖柱の写真。

 東福寺六波羅門
 右の袖柱の貫

東福寺六波羅門
 左の袖柱の貫

 袖柱と本柱は、貫(ぬき)という水平材で連結されています。
 左右の貫をよく見比べてみると、右の貫(写真上)はタテの材(袖柱)と同じ古さを醸し出しています。一方、左の貫(写真下)は、タテ材に比べてヨコ材の貫が明らかに新しい(それも結構最近)のが一目瞭然です。
 このように、ダメになった材は小まめに交換しているわけです。


 扉も交換!

 東福寺六波羅門

 この写真を見ると、本柱(丸柱)に比べ、扉の木材が新しいのがよく分かります。
 そうすると、扉も交換したのかぁ、と思いますよね。

 その通りで、昭和42年(1967)刊の下村泰一『門-京都-』には、「最近の台風で扉は破壊され、つるされていないが」と書かれています。
 「最近の台風」が何なのか、昭和36年(1961)の第二室戸台風なのか、昭和40年(1965)の2度にわたる台風か、さすがに分かりかねます(たぶん新聞を調べれば分かりそうですが)。
 いずれにせよ、昭和40年頃に扉は外れたわけで、現在のものはその後の修理によって取り付けられたものだということです。
 さらに同書には「相当痛んでしまったので、最近、竹矢来で閉鎖され通行できない」と書かれています。

 知らなかったけれど、たいへんだったんですね。
 お寺の伽藍の維持管理は、やはり苦労されます。東福寺では、昭和9年(1934)の室戸台風でも、三門の山廊(上層へ上る階段下の建物)がバラバラになったりと、過去にも被害を受けています。

 地震、火事、台風。
 あらゆる災害を乗り越えて、今日まで守り伝えられてきた伽藍。先人の努力に感謝です。


  東福寺六波羅門 六波羅門本柱の矢痕




 東福寺 六波羅門(重要文化財)

 所在 京都市東山区本町
 拝観 自由
 交通 京阪電車「鳥羽街道」下車、徒歩約10分



【参考文献】
 「都名所図会」1780年
 藤原義一『京都古建築』桑名文星堂、1944年
 下村泰一『門-京都-』京都府観光連盟、1967年



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント