04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

西本願寺の門、門、門!






西本願寺大玄関門


 西本願寺の<南>をさぐる

 西本願寺というと、御影堂・阿弥陀堂や門は東向きに建てられ、堀川通に入り口を開いています。そのため、多くの参詣者・観光客も堀川通から入って、その付近を見て帰ってしまいます。
 ところが、実は境内の<南>の方にも面白いものがいくつもありますので、ちょっと拝見してみましょう。

 境内図は、こちらをクリック! ⇒ ≪本願寺境内図≫

 西本願寺の南側の細い通りは北小路通と呼ばれています。「都名所図会」には「築地長辻」と記されています。長い築地塀が続いていますから、うまいネーミングといえます。
 この通りの堀川通側には北小路門があります。それをくぐって西へ進むと、有名な国宝の唐門があります。

西本願寺唐門
 西本願寺 唐門(北側より望む)


 大玄関門

 実は、今回の注目はこの唐門ではなく、その付近にある門なのです。まずは、唐門の西隣にあるこの門です。

 西本願寺大玄関門

 大玄関門です。一見した印象として、とてもお寺の門とは思えませんね。どちらかといえば、大名屋敷の門のようです。
 この門は薬医門といって、門の内側に控柱が立っているものです。

西本願寺大玄関門

 これは内側(北側)から見たところですが、ここに見えている左右の四角い柱が控柱です。薬医門は実用的な門で、他に城門などにも用いられました。
 下の写真は、伏見城の大手門を移築した御香宮神社の表門(重要文化財)です。内側から見たところで、控柱が立つ三間一戸の薬医門です。

御香宮神社
 御香宮神社 表門(元和8年=1622年)

 さらに大玄関門を大名屋敷のように見せるのは、門の左右に付けられた番所でしょう。唐破風を載せた重厚な番所で、十万石以上など格式の高い大名家にしか用いられなかった門です。江戸にあった加賀藩(前田家)上屋敷の御守殿門(いわゆる東大の「赤門」)は唐破風の両番所を持つ薬医門として有名ですね。

西本願寺大玄関門
 大玄関門の番所

西本願寺大玄関門
 番所を内側から見る

 大玄関門の番所を内側から見たところです。番人の詰所ですから、出入りのための引戸があり、格子の付いた窓もあります。
 弘化4年(1847)に造られました。門内には、大玄関があります(下の写真)。

西本願寺大玄関
 大玄関


 台所門

 大玄関門のさらに西にあるのが、台所門です。

西本願寺台所門

 長屋門ですが、関西人には珍しく映る「なまこ壁」を使っています。こちらも番所があるのですが、出窓の庇(ひさし)は片流れで、ぐっと簡素なスタイルです。

西本願寺台所門

 内側から見たところ。番所は、いま本当に警備員さんの詰所になっています。内側も、なまこ壁ですね。番所の左右のスペースは納屋などに用いられたようです。
 江戸の大名屋敷には、この門のような形式のものもありました。たとえば、桜田門外にあった彦根藩(井伊家)上屋敷は、このようななまこ壁の長屋門で、門の両側に番所の出窓があって、台所門とほぼ同じスタイルでした。

 ところで、この台所門、なぜこのような名前なのでしょうか? 「都名所図会」を見ると、「大仲居 [台所をいふ。元伏見城にありしをここにうつす。入り口の唐破風に大黒天の像あり。三ツの俵を踏む]」とあります。つまり、この門内は西本願寺の中での裏方の空間になっていたのでした。真宗寺院には「中居」というセクションがあって「台所の経理を管理するなど、対内的な諸雑務を担当した」といいます(「戦国期真宗御坊の空間構造」)。調理するところとしての台所と経理部門とが置かれた空間が、ここでいう「大仲居」でしょう。その入り口にあたるのが、台所門なのです。

 先ほどの大玄関門は、現在は賓客の来訪時などにのみ使用されるそうですが、台所門はふだんから出入りできます。この奥が本願寺中央幼稚園になっているからです(幼稚園建物は旧寺務所)。


 中雀門

西本願寺中雀門

 こちらは平唐門の中雀門です。戸の透かし彫りなどが美しいですね。
 この門の中は、黒書院・白書院・対面所などがある一画になっています。

西本願寺浪の間玄関
 浪の間玄関


 今回見てきた門は、一般の参詣空間と切り離された場所に造られた門です。唐門、大玄関門、台所門と、格や用途は違うものの、ずらっと並んでいる姿は壮観です。西本願寺の隆盛ぶりを物語る建物群ですね。
 だから、西本願寺は南側がおもしろい! といえるわけです。

 最後に、ひとつ。

西本願寺

 馬つなぎ。大玄関門の南側にあります。以前、清水寺にも重文の馬駐があることを書きましたが、西本願寺にもありました。やはり、来客の「ガレージ」が必要なことは、今も昔も変わりありません。




 西本願寺

 *所在 京都市下京区堀川通花屋町下ル
 *拝観 境内自由
 *交通 JR京都駅より、徒歩約15分。市バス西本願寺前下車すぐ



 【参考文献】
 岡村喜史『西本願寺への誘い』本願寺出版社、2012年
 藤田 実「戦国期真宗御坊の空間構造-大坂本願寺を中心に-」(『真宗教団の構造と地域社会』清文堂出版、2005年)
 『アサヒ写真ブック54 日本の門』1957年、朝日新聞社
 「都名所図会」(『新修京都叢書』6、臨川書店、1967年)




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント