08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

紫宸殿は路地裏にあった!? - いにしえの平安京の痕跡を探訪する(1) -





紫宸殿跡


 千本丸太町は、平安京の中心部 !?

 現在の京都御苑と御所が、かつての平安京の大内裏や内裏とは全く異なる場所にあることは、よく知られています。南北朝時代に、里内裏のひとつであった東洞院土御門殿が、今の御所につながっていったのです。
 平安時代と現在の地図を重ね合わせれば分かるように、今の京都御所は平安京でいうと北東の端にあたり、内裏からは随分離れた場所でした。

 千本丸太町の案内板
  千本丸太町交差点

 千本丸太町の交差点には、写真のような案内板が設置されています。「平安宮跡」というタイトルで、付近の地図と往時の施設の案内を載せています。ちなみに、平安宮(へいあんきゅう)とは、いわゆる大内裏(だいだいり)のことで、塀に囲まれた広い区画の中に、天皇の住まいである内裏(だいり)や、儀式が行われる朝堂院、そしてさまざまな役所があった国家の中枢部です。
 まとめると、

  平安京 > 平安宮(大内裏)> 内裏

 という関係ですね。

 まず今回は、右前方(北東)に向かってみましょう。


 内裏の回廊跡

 千本丸太町の北東方向には、平安時代の内裏がありました。
 その交差点から3筋北(下立売通)を東に入ってみましょう。100m足らずで、フェンスに囲まれた空地があります。

 内裏回廊跡

 内裏回廊跡
  内裏内郭回廊跡

 ここには、かつて天皇の居所・内裏を囲んでいた回廊があったのです。

  内裏案内図
    内裏略図(現地の案内板より)

 この回廊(内裏内郭回廊)は、上図の薄緑色の四角形です。その左下方に赤丸でマークしているところが現在地です。
 要は、内裏をぐるっと囲んでいる塀の一部が発掘されたのです。

 なんだ塀か、と思われることでしょう。しかし、この辺りは民家が建て込んでいて、内裏の遺構はほとんど確かめられていません。その中で、早くに発見された遺構として重要な地点がここで、昭和54年(1979)に国の史跡に指定されています。

 ところで、上の空地の写真だけを見ても非常に分かりにくいので、少しお絵かきしてみました。

 内裏内郭回廊跡

 コンクリートの左右が、回廊の幅を示しています。回廊の両脇には、小さな溝があります。
 この回廊が南北に続いているわけです。
 回廊は、約10.5m(36尺)の幅があります。

 回廊で幅10mもあるのか? という疑問がわきます。
 実は、この回廊、「複廊」という形式で、中央の塀の両側に通路があるスタイルです(柱間が2間あります)。

 複廊の例(平安神宮)
  複廊の例(平安神宮)

 これは平安神宮の回廊です。写真に見えているのが、センターにある塀の右側の部分で、塀の左にも通路があります。つまり、ダブル通路の回廊が「複廊」なのです。だから、幅も広いのですね。
 そして、その外側には、この平安神宮の例と同様、石を敷いた溝が設けられていました。

 
 紫宸殿はどこにあった?

 この回廊に沿って東に進むと、いにしえは承明門がありました。
 発掘では、この門の北側の溝も出土しています。

 内裏の図を見ると、南の中央に「建礼門」があり、その内側に「承明門」があり、その内には広い南庭が広がっていて、紫宸殿(ししいでん)が聳え立ちます。
 すると、この辺りに紫宸殿があったはずですね。現地には、「平安宮内裏紫宸殿跡」の説明版があるのですが、そこに建っているのは……

 紫宸殿跡

 酒屋さん!

 驚くべきなのか、がっかりすべきなのか? 
 しかし、細かく考えていくと、この酒屋さんの場所は南庭のあたりで、紫宸殿はもっと北に位置するようなのです。そこで、意を決して北側を探ってみました。

 浄福寺通を北に上って少し行くと、綾綺殿跡の碑があります。その西の路地を入ったところ、そこが紫宸殿のあった場所です。

  紫宸殿跡 紫宸殿の故地

 ここが、その場所。かぎの手に曲がった狭い路地。ここに千年の昔、紫宸殿があった……

 あの壮大な紫宸殿と、植木のある庶民的な長屋と。その限りない落差に、人の世の移ろいを感じます。
 これこそ、現地に歴史を訪ねる醍醐味と言っても過言ではないでしょう。

 付近では、少し修景的な試みもあるようで、

 内裏承香殿跡
  内裏承香殿跡(紫宸殿北方)

町家を綺麗にしているところもありました。でも私は、ごく普通の標示板すらない路地の奥に紫宸殿跡があった方が素敵だと思います。

 内裏に続く次回は、西方にあった施設をご紹介しましょう。

(この項つづく)




 平安宮内裏内郭回廊跡(国史跡)

 所在 京都市上京区田中町
 見学 自由
 交通 市バス「千本丸太町」下車、徒歩約5分



 【参考文献】
 『平安京提要』角川書店、1994年
 京都渡来文化ネットワーク会議編『京都歴史散策マップ 1 平安宮跡周辺を訪ねて』京都創文社、2011年





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント