FC2ブログ
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS朝日「京都ぶらり歴史探訪」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

“模擬銀閣”の特徴は、3つの花頭窓!





銀閣


 銀閣の花頭窓

 金閣寺と銀閣寺といえば、京都観光のゴールデンスポットですから、かえって行きづらいという方もいるのでは?
 先日、久しぶりに訪れると、海外からのツーリストが結構増えていました。

 銀閣

 どうしても、こういう絵葉書的な写真を撮ってしまいます。

 銀閣

 銀閣(観音殿)は二層からなる建築ですが、下層は疎垂木に舟肘木、明障子を立てた住宅風の造りとなっています。上層は、観音菩薩を祀る仏堂風になっていますが、それを特徴付ける意匠がこれでしょう。

 銀閣

 3つ連なった花頭窓。
 これを見ると禅宗建築だとイメージしますね。


 銀閣寺を“模倣”せよ!

 銀閣寺を訪ねる時、多くの方は白川通と今出川通との交じわるところ、いわゆる「銀閣寺道」から歩いて行かれるでしょう。

 銀閣寺道
  銀閣寺道付近

 その交差点の北東に、こんな店舗が建っています。

 「模擬銀閣」
  銀閣寺風そば店

 そば屋さんなのですが、どうみても銀閣!

 屋根も、一見すると宝形造だし、やっぱり窓が……

 「模擬銀閣」

 3つの花頭窓です。ただ、よく見ると窓の上部はアーチ状になっていて、厳密にいうと花頭窓ではないのですが……
 屋根も杮葺(こけらぶき)のように見えますね。結構こっています。

 「蕎麦」という看板がミスマッチでおかしいです。


 さらに“模倣” !!

 このそば屋さんは、ある意味で有名です。私も前から知っていました。
 ところが、この日、ふらふらと迷い込んだ付近の住宅街に、こんな邸宅があったのです……

 「模擬銀閣」

 最初、ふつうの洋館かと思って振り向いたのですが……
 よく見ると、銀閣!

 窓も完全にアーチ窓、壁ものっぺりしているけれど、このスタイルは明らかに銀閣寺の模倣です。

 「模擬銀閣」
  銀閣寺風洋館
 
 個人宅なので詳細な場所は秘しますが、銀閣寺のごく近所です。
 やっぱり、このあたりの人たちが銀閣寺を愛していることがよく分かります。

 ムードミュージックの巨匠ポール・モーリアは、“八神純子の曲は、あなたの音楽に似ていますね”と言われて、「音楽は模倣だ」と答えました。
 建築も、また模倣だということが、“模擬銀閣”からよく理解できるでしょう。
 模倣は愛の証しなのです。

 もっと探してみたいと思います。  




 銀閣寺(慈照寺)

 所在 京都市左京区銀閣寺町
 拝観 大人500円ほか
 交通 市バス「銀閣寺道」下車、徒歩約10分


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント