07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

京の “底冷え” も、今は昔?

その他




『京都名勝誌』より京都盆地


 底冷えの町・京都

 今冬(2014年)の京都は、例年より少し寒い気がして、それが身体に堪えるような毎日です。今回は、今日=1月16日は何の日、というテーマで書いてみました。

 ご承知のように、昔から京都は、盆地ゆえに「底冷え」すると言われてきました。半世紀近く前、私の子供の頃も、冬には20~30cm積雪することが普通で(ただし市内の北端でしたが)、足にはしもやけができました。
 たまに、ドカンと雪が降ることもあって、30年前の昭和59年(1984)12月には、市内中心部でも数センチの積雪がありました。その夜、私は南座で顔見世を見ていたのですが、劇場から出ると四条通に相当な雪が積もっており、タクシーなどがチェーンを巻いて走っているのに驚いたことを覚えています。

 時を遡るほどに、京都は底冷えの町でした。
 昭和34年(1959)に出版された『日本地理風俗大系 7 』には、次のように記されています。

 京都市における8月の毎日の最高気温の平均は32.4℃、1月の最低気温の平均は-1.9℃である。これを他の都市とくらべてみると、8月の最高気温では東京よりも暑く、京都をしのぐのは熊本だけである。また1月の最低気温では、日本海沿岸の福井・金沢・新潟よりも少し寒い。
 このように気温の点では、京都は全国でいちばん暑い都市といえるほどで、市内では7~8月ごろ、暑さのために眠りにくい夜もしばしば経験される。また冬は、盆地のため夜になって急に気温が低下し、それに湿度がわりあいに高いため、寒いというよりは、じわじわとしめつけられるように冷たく感じられる夜が多い。これが京都の名物とされている冬の底冷えである。(247-248ページ)


 55年前は、北陸地方より寒かったとは、少し驚きです。


 最低気温の記録は -11.9度

 現在の最低気温はどのくらいのものでしょうか?
 1981年から2010年の1月の最低気温の平均は、1.2℃、昨年(2013年)は0.4℃です。上記の1950年代に比べると、2~3℃ほど上昇しています。

 では、最低気温の記録は何度なのでしょう?
 今では想像もつかないのですが、-11.9℃というレコードです。これは、明治24年(1891)1月16日、つまり今から123年前の今日、記録されました。

 参考までに、ベストテンを書いておきましょう(気象庁のデータによる)。

 1  -11.9℃(明治24年=1891 1月16日)
 2  -11.6℃(明治27年=1894 2月 1日)
 3  -11.0℃(明治37年=1904 1月26日)
 4  -10.9℃(大正 2年=1913  2月12日)
 5  -10.8℃(明治28年=1895 2月22日)
 5  -10.8℃(明治19年=1886 1月 5日)
 7  -10.6℃(大正 2年=1913  2月11日) 
 8  -10.5℃(明治28年=1895 1月19日)
 9  -10.3℃(明治19年=1886 2月18日)
 9  -10.3℃(明治19年=1886 2月 2日)

 ※1880年(明治13)11月~2014年1月のデータより 


 10位まで、すべてマイナス10度以下です。そして、大正2年(1913)までに観測されています。
 逆に、最高気温のベストテンのうち8回は、1990年代以降に観測されました(あとの2回は1973年)。
 これだけみても、明治時代の京都は寒く、「底冷え」が厳しいと言われたのが納得できます。

 ちなみに、明治24年(1891)1月の最低気温の平均は、-3.3℃。2013年より3.7℃も低かったのです。

 この記録が観測された京都の気象台は、京都御苑内にありました。明治13年(1880)1月の開設当初から、その場所です。
 現在の京都市中京区西ノ京笠殿町に移転するのは、大正2年(1913)12月のことです。ということは、最低気温ベストテンは、すべて京都御苑内で記録されたデータなのですね。

 『京都』より金閣寺
  雪化粧した金閣寺(昭和初期) (『京都』1929年 より)


 50年前との比較は?

 気象台が現在地に移った以降で比べてみましょう。
 50年前の昭和39年(1964)と今年(2014年)との比較です。1964年は、東京オリンピックがあった年でした。

 1964年1月の月平均の最低気温は、1.8℃となっています。この年は2月の方が寒く、-0.2℃だったようです。
 前後の年の1月は、1963年が-3.1℃と寒く、1965年が-0.7℃でした。1月の最低気温の平均で比べると、1964年は60年代で最も暖かい年でした。

 では、今年(2014年)はどうでしょうか。
 ここ半月のデータですが、最低気温の平均は0.8℃です。えっ、1964年の方が暖かかったのか!
 ちなみに、昨2013年は0.4℃でした。
 
 どうも気象の素人ですからいけません。もう少し詳しく分析しないと分かりませんね。

 上記はすべて気象庁のデータをもとにしています。ウェブサイトで簡単に見られますので、みなさんも時間のあるときに閲覧してみてください。




 【参考文献】
 『京都名勝誌』京都市、1929年
 『京都』京都市、1929年
 『日本地理風俗大系 7 近畿地方(上)』誠文堂新光社、1959年



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント