05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

クロガネモチの巨木を祀る浄福寺護法堂の小絵馬に、庶民の願いをみる





浄福寺くろがねもち


 クロガネモチの巨木を祀る

 上京区の浄福寺は、「浄福寺通」という通りの名前にもなっているので、お寺に行ったことがない方でも聞いたことがあるかも知れません。
 お寺は、今出川通を何筋か下ったところにあります。

 浄福寺赤門
 浄福寺東門

 浄福寺通に面して、俗に「赤門」と呼ばれる東門が開いています。
 「都名所図会」(1780年)には、この形の門は描かれていませんので、それより後に建てられたものだと思われます。

 この門内の右手に、護法堂があります。

 浄福寺護法堂
  浄福寺護法堂

 さほど大きな祠というわけでもないので、見過ごしてしまいそうですが、実はここが興味深い小祠なのでした。

 浄福寺護法堂

 お詣りすると、左奥にある太い木の幹が目に入ります。
 これが、クロガネモチの巨木です。

  浄福寺くろがねもち
   浄福寺のクロガネモチ

 樹高9m、目通り(幹の外周)3.95mの古木です。
 幹に虚(うろ)があり、注連縄が張られています。

 浄福寺くろがねもち


 天狗が火事を止めた!

 この巨木には、ひとつの伝説があります。

 西陣一帯を焼き払った天明の大火(天明8年=1788年)の時のこと。火は、浄福寺の門外にまで迫っていました。浄福寺は享保4年(1719)の大火で堂宇を失い、その後、本堂、方丈や釈迦堂などを順次再建してきたところで、また火事に遭ったら大変な損害です。
 しかし火は、塔頭を焼き尽くし、赤門の外にまで迫ってきました。その時、一羽の天狗が現れ、クロガネモチの樹上から大きな団扇で風を起こして、火を消し止めたのです。おかげで、浄福寺は焼失を免れたのでした。のち、クロガネモチの木の元に天狗が祀られたということです。

 およそ、こんなお話です。天狗は、鞍馬山から飛来したともいわれており、今も遥拝所があります。

 もともと、クロガネモチの巨木が信仰されていたものと思われますが、それに“大火を止めた天狗”の伝説が加わって、ますます篤い信心を集めたのでしょう。


 小絵馬に見る庶民の願い

 火事も消すくらいの神通力ですから、庶民の小さな願いなどは何でも叶えてくれる--そう思われたとしても不思議ではありません。
 護法堂の境内には、ささやかな願いの表された小さな絵馬(小絵馬)が数多く懸けられています。

 浄福寺護法堂
  祠の軒下、クロガネモチの横に懸けられた絵馬

 浄福寺護法堂
  建物内に懸けられた絵馬


 岩井宏実氏によれば、小絵馬には次のような絵柄があります。

(1)馬の図
(2)祈願の対象とする神仏の像を描いた図
(3)その持物などを描いた図
(4)その眷属(お使いなど)を描いた図
(5)祈願内容を描いた図
(6)祈願者自身を描いた図
(7)干支を描いた図
(8)その他

 この護法堂には、(2)(3)(5)(6)の小絵馬が見られます。

 浄福寺護法堂
  天狗の絵馬

 まずは、「祈願の対象となる神仏」です。ここでは、もちろん天狗。
 この絵馬は、幕末の安政6年(1859)に奉懸されたもの。高い鼻をした天狗。山伏スタイルで、右手には例の団扇を持ち、腰には太刀を帯びています。
 護法堂には、いくつかの天狗の絵馬が見られます。

  浄福寺護法堂
  天狗の団扇

 つづいて、その「持物」を描いた絵馬。
 天狗の羽根団扇を金で画いた豪華なもので、大正3年(1914)の奉納です。団扇の絵馬も、いくつも上がっています。


 「心」にカギを掛けて

 ここで興味深いのは、「祈願の内容」を記した絵馬です。
 例えば、このようなもの。

 浄福寺護法堂

 「心」という文字に、錠前(かぎ)が掛けられています。自分の気持ちに“ストップ”をかける意味ですが、よく見ると、上にサイコロが描かれています。
 明らかに、“サイコロ賭博を断つ”という願いを画いた絵馬です。
 明治44年(1911)に、35歳丑年の男性が奉懸したものです。干支からすると、明治10年(1877)生れの男性になります。
 このような「断ち事」の絵馬は非常にポピュラーで、賭博のほかにも、禁酒、禁煙から女断ちまでさまざまです。

 浄福寺護法堂

 こちらも賭博断ちですが、実物の花札を額に入れて奉納しています。花札は、よく見ると「任天堂」と書かれています。ゲーム機の任天堂は、かつては花札メーカーとして有名でした。
 中央に、祈願者(男性)の写真が貼付してあるのが珍しいです。どうやら七味の商いをされている方のようです。

 浄福寺護法堂

 これは、文字や絵柄はかすれて見えなくなったものですが、中央に本物の錠前が付いています。リアルです……
 岩井氏によると、錠前の小絵馬は幕末以降、普及したそうです。


 願いをこめて祈る人々
 
 浄福寺護法堂

 「祈願者自身」を描いたものです。
 明治26年(1893)12月に奉納されたもので、「御礼」とあるので、願い事が叶ったのでしょう。
 「午ノ年男/丑ノ年女/酉ノ年女」と書かれています。小絵馬には、祈願者の名前が世間に知れないよう匿名のものが多く、このように自分の干支や年齢、性別を記しました。

 浄福寺護法堂

 絵を見ると、3人は親子なのでしょう。
 小さい女の子が酉年生まれだとすると、彼女は明治18年(1885)生れの数え9歳。母親は、慶応元年(1865)生れの数え29歳なのでしょうか。とすれば、父親は安政5年(1858)生れでしょうか、随分の年齢になりますね。
 家族3人は、一心にクロガネモチの木に手を合わせています。何を祈っているのか、残念ながら、絵馬は語ってくれません。
 
 浄福寺護法堂

 明治29年(1896)に懸けられた絵馬。ご神木と小祠を描き、その前で本人が拝んでいるところです。
 久保田あいという子年生まれの女性。明治9年(1876)か、幕末の元治元年(1864)生れでしょうか。そうすると、数え21歳か33歳。いや、もしかすると45歳で嘉永5年(1852)生れかも、と思いは廻ります。こちらも、何の祈願か知る由もありません。

 絵馬を見ると、クロガネモチの木は、かつては柵で囲われていたことが分かります。
 また、岩井氏の指摘によると、拝む人の図は、ほとんどが左向きで礼拝しているのだそうです。なぜでしょう? おもしろいですね。

 浄福寺護法堂

 最後にご紹介するのは、拝んでいる人と天狗とがセットで描かれている絵馬です。
 雲に乗った天狗は、ちょっと毘沙門天風でもありますが、威厳のある姿で神木の脇に現れています。その下で女性が一心に礼拝しています。
 明治43年(1910)の奉納ですが、小寺覚次郎という人が懸けたものなのです。絵は女性なのに、奉納者は男性。夫婦なのでしょうか? こちらもどういう願いなのか、想像は膨らんでいきます。

 浄福寺くろがねもち

 実際、クロガネモチの横には、花生もあって、ここに跪いて拝むこともできるようです。

 幕末から、明治、大正と、数多くの願いが、このクロガネモチと天狗さまに懸けられてきました。西陣の人たちの信心を感じることができる護法堂です。




 浄福寺 護法堂

 所在 京都市上京区笹屋町
 拝観 境内自由
 交通 市バス「今出川浄福寺」から、徒歩約5分



 【参考文献】
 岩井宏実・神山登『日本の絵馬』河原書店、1970年
 岩井宏実『絵馬』法政大学出版局、1974年


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント