09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

もうひとつ京都御所にある公家邸跡 - 摂家・近衛邸 -





近衛池


 今出川御門内にある公家邸跡

 前回、京都御所にあった九条家の邸跡を紹介しました。
 かつて、現在の御所の周辺には公家たちの居宅が立ち並び、なかでも五摂家と称された近衛・九条・二条・一条・鷹司の各家は、大きな邸宅を構えていました。
 もう一度、位置図を掲げておきましょう。

  幕末の京都御所
       京都御苑パンフレットより


 今回は、禁裏の北、今出川御門内にあった近衛邸を紹介します。

 今出川御門
  今出川御門

 同志社大学の正門の向いにある今出川御門。
 ここを入った右側(西側)一帯が、かつて近衛家の邸があった場所でした。

 近衛邸跡
  
 樹木が生い茂って建物はなく、案内板がなければ、ここに近衛家の大きな邸があったと気付く人は少ないでしょう。
 たまたま、見学者の皆さんが訪れたところを撮影。

 昔から残るものは、九条家と同じく池。近衛池といいます。

 近衛池
  近衛池

 近衛家時代のものでしょうか、石橋が架かっています。

 近衛池

 もうひとつ有名なのが桜。

 近衛邸跡の桜

 近衛家の「糸桜」(しだれ桜)にちなんで、数多く植樹されているようです。

 もともと近衛家の邸宅は、京都御所の西方、烏丸通-下長者町通-室町通-出水通に囲まれた一角にありました。いま護王神社があるあたりで、まさに近衛町という町名になっているところです。京都府庁の少し東方に当たります。
 ちなみに、出水通はかつての近衛大路に当たり、いまでも出水通を鴨川の向うまで伸ばしていくと近衛通になっています。

 その邸が廃絶したあと、江戸時代を通じて近衛家の邸宅となる今出川第は、天正年間(1573-92)に構えられました。現在の御所の今出川御門内にあった邸で、明治維新までここが居宅となりました。

 しかし、糸桜が著名だったのはここではなく、徒歩で10分ほど離れたところにある別の邸宅でした。


 「桜御所」と呼ばれた邸宅

 同志社大学新町校地

 同志社大学の新町キャンパス。この場所(新町上立売)が、かつて桜御所と呼ばれた邸が建っていたところです。

 町名に、昔のなごりが。

 近衛殿表町

 近衛殿表町。この西には、近衛殿北口町もあります。

 近衛通隆氏によると、ここは江戸時代になると、今出川第が出来た関係で別業のようになり「上之御所」と呼ばれたそうです。それに対し、今出川第は「下之御所」と呼ばれました。
 
 さて、門衛の方に碑の場所を教えてもらいますが、“こんな場所にと、ちょっと驚かれるかも”と言われて行ってみると……

 近衛邸跡碑

 キャンパスの奥の、校舎の非常階段の下に! しかも、その脇は自転車置き場でした。
 新町キャンパスは近年改築されましたから、この碑も以前は違った場所にあったのでしょう。

  近衛邸跡碑
  「近衛家旧邸址」碑

  近衛邸跡碑

 碑は、大正7年(1918)10月に建立されました。「近衛家旧邸址」と書かれています。
 揮毫したのは、のちに内閣総理大臣も務める近衛文麿です。近衛家の30代当主でした。

  近衛邸跡碑 「公爵近衛文麿書」

 この邸がいつ造営されたかは定かでありませんが、少なくとも室町時代の15世紀半ばにはあったようです。途中断絶もありながら、明治維新まで続きました。
 代々、近衛家の嫡女が住み、同家の御影を祀っていたため「御霊殿」と呼ばれ、糸桜に由来する「桜御所」の呼び名は江戸時代になってから使い始められたそうです。
 御霊殿という名称から、この近くに御霊図子という路地があり、現在も中御霊図子町という町名が残されています。

 御霊図子
  現在の中御霊図子町

 桜御所の桜は、洛中洛外図にも描かれるほど有名でした。
 現在は大学キャンパスとなり、昔の面影はなくなりましたが、御所の邸跡とあわせて見学してみたいところです。




 近衛邸跡、桜御所跡
 
 所在 京都市上京区京都御苑、および京都市上京区近衛殿表町
 見学 自由
 交通 地下鉄「今出川」下車、徒歩約5分



 【参考文献】
 近衛通隆「近衛第趾に就いて」、「歴史地理」86-2、1955年、所収
 渡辺悦子「「御霊殿」-室町・戦国期近衛家の邸宅と女性たち」、「同志社大学歴史資料館館報第9号」2005年、所収
 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント