04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

荒神橋・荒神口の由来は、「火の用心」の神さまにあり





清荒神護浄院


 「荒神橋」と「荒神口」

 京都は、大阪などに較べると、難読地名は少ないような気がします。お茶屋街の「先斗町」、新撰組の屯所があった「壬生」、映画村のある「太秦」など、知っていないと読めないものはありますが、そんなに多くもないでしょう。

 今回取り上げる「荒神橋」「荒神口」も、読める範囲に属します。荒神は「こうじん」。神さまの名前ですね。

 小さな橋・地点なので、他府県の方は分からないと思いますが、京都の人には結構知られていると思います。荒神橋は、鴨川の丸太町橋上流に架かっています。

鴨川

荒神橋
  荒神橋

 このあたりの河原は、昔は近衛通を突当ったところということで、近衛河原とも呼ばれていたといいます。

 そして、この橋の西、河原町通との交差点が「荒神口」。

荒神口

 ごく小さな、ふつうの交差点ですけれども、たぶんタクシーで「荒神口」と言ったら、間違いなく連れて行ってくれると思います。
 かつては、ここから鴨川を渡って京の外に出、いわゆる志賀越え(山中越え)で比叡山を越えて、近江まで行くことができました。現在でも、荒神橋の東詰から、北東方向へ斜めの道が走っていますが(途中、京大構内で消滅)、これが志賀越えです。つまり、ここは洛中から洛外へ出る「七口」のひとつだったわけです。


 火防の三宝荒神

 荒神口の交差点を西へ入ると、御所に行く手前に清荒神(きよしこうじん)護浄院があります。門には「清荒神」と書かれた大提灯がぶら下がっています。

清荒神護浄院
  清荒神護浄院

 関西で清荒神といえば、兵庫県宝塚市にある清荒神清澄寺(せいちょうじ)が有名です。清澄寺に行くと「日本第一」と書かれていますが、この護浄院は「日本最初」とあります。第一とか最初とか言うのが荒神さんの癖なのでしょうか。

 清荒神護浄院
  「日本最初 清三宝大荒神尊」

  寺伝では、光仁天皇の皇子である僧・開成(かいじょう)が、摂津の勝尾山で修行中、八面八臂の荒神像を刻んで祀ったといい、これが後に京へ移されたというのです。
 「都名所図会」巻1には、「祭る所、八面八臂の荒神なり」と記しています。

清荒神護浄院

 「雍州府志」巻2には、次のように登場します。

 荒神河原の西に在り。此の社、元、摂州、清澄の地に在り。而る後、此の所に勧請す。故に清荒神と謂う。又、三宝荒神と称す。又、竈[かまど]の神と謂う。興津彦・興津姫・中御神を祭る所なり。婦人、特に之れを尊崇す。社僧の住む所、常施寺と号す。

 同書によれば、宝塚の清荒神を勧請したもので、そのため清荒神と言ったといいます。
 竈の神と記されていますが、興津彦、興津姫も「古事記」などにみえる竈神です。
 火を焚く竈の神ですから、火防(ひぶせ)の神としても信仰され、このような護符も売られています。

清荒神護浄院
  「火之用心」の護符

 ちなみに、宝塚の清荒神に行くと、大量の火箸(ひばし)が奉納されているのに驚かされます。

 清荒神清澄寺
  清荒神清澄寺(兵庫県宝塚市)

 清荒神清澄寺
  すべて火箸です!(清荒神清澄寺)

 こちら、京都の清荒神護浄院は、つつましやか。

清荒神護浄院

 大きなものが長押の上に懸けられていて迫力ですが、納札所には少しだけ火箸が見られます。

清荒神護浄院

 20~30本くらいでしょうか。

 毎月28日には、護摩供が修せられます。

 京都で火防といえば、すぐ愛宕さんを思い出しますが、この清荒神もそのひとつなのです。


 清荒神護浄院




 清荒神護浄院

 所在 京都市上京区荒神町
 拝観 境内自由
 交通 京阪電車丸太町駅下車、徒歩約10分



 【参考文献】
 「雍州府志」1686年(岩波文庫版)
 「都名所図会」1780年


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2013/07/24 09:01)

京都市上京区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

ケノーベルからリンクのご案内(2013/07/24 09:14)

宝塚市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。