03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

きょうの散歩 - 祇園祭 山鉾巡行(その1) - 2013.7.17 -





裃の人たち


 7月17日は、祇園祭の山鉾巡行。
 毎年ほとんど仕事の日なので、なかなか見に行けないのですが、今年は午前中の時間を使って、少し見てきました。

 朝、7時半、地下鉄・烏丸御池駅から見学スタート。
 巡行は9時からですが、この時間、すでに各町で支度は始まっていました。

 黒主山
  黒主山

 こちらは、三条室町下ルの「黒主山」。
 最近は、そろえのTシャツのみなさんも多いみたいですね。

鯉山
  鯉山

 町家の前に建つ山もあれば、

菊水鉾
  菊水鉾

 マンションの前に建つ鉾もあります。
 祇園祭も、移りゆく京都の姿を反映しています。

 船鉾
  船鉾

 デザインが格好いい「船鉾」。

裃の人たち

 その前で談笑する裃(かみしも)の男性たち。
 この日は、21世紀とは思えない光景が現れます。

 浴衣の子供

 子供たちも、そろって浴衣姿です。

鶏鉾
  鶏鉾の曳き手

 時間はまだ8時台。
 曳き手のみなさんが、記念撮影する風景も。

鶏鉾

そして町の狭い通りでは、山や鉾がそろそろと動き始めます。

 岩戸山
  岩戸山

 町内の人たちに押されて進む「岩戸山」。
 まだ綱では曳きません。

 岩戸山
  岩戸山

 伯牙山
  伯牙山
 
 電線の多い通りは……

 伯牙山

 竹竿で、電線を払いながら進んでいきます。

 このようにして、巡行開始の午前9時が近付いてきます。

四条通


 【この項、つづく】



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント