05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

たいまつを焚いて神幸を迎えた松明殿稲荷は、七条大橋畔にある





松明殿稲荷神社


 七条大橋の畔の小祠

 鴨川を渡る七条通に架かる七条大橋。

七条大橋

 その西詰に小さな神社があります。
 私も、七条通はよく通るのですが、これまで社号を眺めるだけで、なぜかお詣りしたことはありませんでした。
 しかし、その社号が変わっているのです。

 「松明殿稲荷神社」

 「たいまつでんいなり」神社と読みます。
 なにやら、いわくありげな名前ですね。


 「松明殿」という名の由来

松明殿稲荷神社

 冒頭写真の石鳥居、実は目の前が七条通で、写真も歩道の外に踏み出して撮っています。境内は、随分と狭いです。
 ところが、意外に著名な神社で、「都名所図会」巻2(1780年)にも登場しています。

「都名所図会」より松明殿稲荷神社
 「都名所図会」より「七条河原松明殿」

 流れの速い鴨川に、長い七条大橋が架かっています。そこを行く一隊の行列。橋の畔の松明殿稲荷の前を通っています。
 伏見稲荷の稲荷祭の神幸の図です。

 稲荷祭は、三月中の午の日に、伏見稲荷から御旅所への神幸が行われます。また、四月上の卯の日には、御旅所から本社へ戻る還幸があります。御旅所は、八条油小路下るで、JR京都駅の南西(イオンモール京都の西側)にあります。
 伏見稲荷から御旅所に向かう道筋は、伏見街道を北上し、鴨川を渡って七条通を西へ進むものでした。
 名所図会の図は、京の人々に親しまれた神幸の列が、まさに七条大橋を渡る場面を描いているのです。

「都名所図会」より松明殿稲荷神社
 「都名所図会」の松明殿稲荷

 図には、入母屋造の本殿と拝殿、そして現在と同じく七条通に面した鳥居が画かれています。
 よく見ると、通りの北側の町家の人達が、列を眺めている様子も描いてあります。

 松明殿稲荷という名前の由来の一端は、下の拡大図でよく分かります。

 「都名所図会」より松明殿稲荷の大たいまつ

 鴨川の河原で大たいまつを焚いて、神幸を迎えたのです。
 まさに松明殿。「都名所図会」には「炬火殿」という表記もなされています。

 古くは、天暦10年(956)の燎祭が行われた際、「炬火殿」の号を賜ったとされます。ただし、この時の社地は八条油小路の北だったといいます。


 木食上人の井戸と手水鉢

 境内には、ひとつ目を引くものがあります。

松明殿稲荷神社
  手水舎

松明殿稲荷神社

 手水舎に据えられた手水鉢(左)と井戸(右)。
 これが、由緒あるものだそうです。

松明殿稲荷神社

松明殿稲荷神社

 「松明殿/手洗水」と刻された手水鉢の左側面には、写真下のように願主の名が記されています。
 そこには、読みづらい場所なので下部まで見えないのですが、「願主/木食養阿上□」とあります。最後は「上人」なのでしょう。

 井戸には、

松明殿稲荷神社

 「養阿水」とあります。

 これは、江戸中期、木食上人として知られた養阿(木食正禅養阿、?-1763)が奉献したものと言われます。脇の立札には、宝暦2年夏に寄進された旨が大書されています。どうやら、手水鉢に刻銘があるようです。たいへん見えづらいのですが、右側面を覗き込んでみると、「宝暦四甲戌[年]」という年紀と「夏六月吉[日]」という文字がうかがえます。宝暦4年(1754)6月に奉納された手水鉢ということが分かります。

 ところで木食上人とは、一般的な呼び名で、五穀を断って木の実や草などを食べながら修行した徳の高い僧を指します。
 木食正禅養阿は、五条坂の安祥院に堂宇を再建(1725年)した僧として知られ、丹波・保津村(現在の亀岡市)の武家の出で、高野山で木食行を積みました。京都では、東海道の日ノ岡峠(山科-三条間)の整備などを行っています。

「都名所図会」より日の岡
 「都名所図会」より日の岡

 養阿が切り下げの改修を行った日ノ岡。中央に「木食寺」が描かれています。
 彼はここに接待所を設け、量救水(亀の水)によって旅人や牛馬の喉を潤しました。
 「都名所図会」には、

 木食上人住して坂路を造り牛馬の労を助く。量救水ハ石刻の亀の口より漲る。炎暑の節、旅人の渇を止むといふ

 と記されています。

 手水鉢、井戸とも養阿自身が設けたもののままなのか、少し不分明ですけれど、その名が刻まれて長く伝えられているところに、上人の徳がしのばれます。




 松明殿稲荷神社

 所在 京都市下京区稲荷町
 拝観 境内自由
 交通 京阪電車七条駅下車、すぐ



 【参考文献】
 
 「都名所図会」1780年
 日本歴史地名大系27『京都市の地名』平凡社、1979年


スポンサーサイト

コメント

東殿とは

はじめまして
こんにちは、アジサイと申します。

私は京都の学生です。
稲荷神社について調べていた過程で松明殿に出会い、先日参詣してきました。

松明殿には、都名所図会の、東殿の説明書き、絵も貼られていました。
なぜ東殿のものまで紹介しているのかがわかりませんでした。

東殿についてや、松明殿に関係することをご存じであるのならば教えて頂きたいです!
よろしかったらお力をお貸しください。

あじさい

Re: 東殿とは

 あじさい さま

 こんにちは。
 ブログお読みいただき、ありがとうございます。

 松明殿稲荷に、なぜ「都名所図会」の「東殿」の説明があるのか?
 いま、現地にどんな説明書があったのか、覚えていないので確かなことは言えないのですが、たぶん余り関係ないのでは。

 「都名所図会」の原本(巻二)を見ると、「東本願寺」「東殿」「炬火殿」の順に項目が立てられています。
 「東殿」は、ご承知の通り、渉成園のことです(当時は「百間屋敷」という別名もありました)。
 松明殿稲荷から、徒歩5分位の近くにあるので、名所図会の順番もうなずけます。しかし、稲荷と真宗の東本願寺とは、たぶん関係はないのだと思います。
 都名所図会でたまたま隣同士の項目だったので、ついでに紹介されているのではないでしょうか?

 もっとも、私の不勉強により、知らない何かのつながりがあったらごめんなさい。

 こんなお答えで、いいんでしょうか?
 取り急ぎ、お返事まで。

     船越
非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2013/06/27 09:02)

京都市下京区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。