FC2ブログ
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS朝日「京都ぶらり歴史探訪」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

秋間近の公園にも台風の爪あとが……

その他




倒木群


 秋間近の公園 

 先週今週と、2週つづきの三連休でしたね。
 今日(9月24日)は秋分の日で、まだ紅葉とは言えないものの、秋の気配が感じられました。

 秋の気配

 公園の中を通る道路。
 木々が美しいですね。

 ところが、公園内には一部通行止めのエリアがあって、そこでは樹木の伐採作業が行われていました。
 そう、9月初めに関西を襲った台風21号の後処理が未だに続いているのでした。


 あちこちに倒木が……

 台風21号は、9月4日に四国から関西を通過。関西国際空港が大きな被害を受けたように、大阪府南部では住宅にも多数被害が出ました。
 大阪市内でも、公園などで多数倒木が発生。京都市内も、大阪ほどではありませんが、倒木などが見られます。

 今日訪れたこの公園でも、ひどい倒木がありました。

 倒木

 ここは杉が数多く植樹されているのですが、根こそぎ倒れています。
 特に、若い木は成長が早い割には根が張っていないようで、風に耐えられなかったようです。

 根元から倒れた木

 先日、ある緑化団体にお話をしに行った際、団体の方がおっしゃっていました。都会の植樹は根が浅く、いわば植木鉢に植えられているような状態なので、強風で倒れやすいのだ、と。
 まさに、そのような状態でした。

 また、幹の途中から、ぼきりと折れている木も多数。杉、松、桜など、樹種に限らず被害を受けていました。
 
 折れた木

 これらの木々は、まだ手が回らないようで、処理が追いついていません。
 
 このブログでも何度か取り上げましたが、昭和9年(1934)9月に関西を襲った室戸台風が、とても強い風台風でした。
 京都でも、小学校の木造校舎が多数倒壊し、生徒・教職員の尊い命が奪われました。一説には、最大風速は60mを超えたともされており、大阪では四天王寺の五重塔が倒れました。

 私のこれまでの経験でみても、今回の台風21号は最も風が強烈な台風だったように思います。
 室戸台風を過去の出来事のように感じていましたが、このような経験をすると、昔の話とは思えません。
 被害を受けられた方も多く、胸が痛みます。はやい復旧が望まれるところです。
 



スポンサーサイト