05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

作家・水上勉の通った中学校は…… -『私版 京都図絵』-

京都本




  私版京都図絵 水上勉『私版 京都図絵』作品社


 水上勉という作家

 先日、古書市で水上勉の『私版 京都図絵』という本を求めました。

 水上勉(みなかみつとむ)は、戦後活躍した作家で、私の学生時分まではテレビなどでもよくお見掛けしました。
 福井県(越前)の生まれで、若くして京都・相国寺の塔頭で出家したことは著名です。
 それらにちなんだ作品も多く、直木賞を受賞した「雁の寺」や、同じく京都を舞台にした「五番町夕霧楼」、そして「越前竹人形」。他にも「はなれ瞽女おりん」「飢餓海峡」などの代表作があります。

 彼は、9歳で京都にやって来、立命館大学中退ということですので、少年時代から青年時代にかけて京都で過ごしました。京都を舞台にした作品、京都を取り上げた随筆も多く、京都ゆかりの作家といってよいでしょうね。

 映画化された作品も多いので、私もタイトルはよく知っていました。
 けれども、正直に言うと、なぜか読む機会にめぐまれず、これまで読んだことがありません。
 実際、いま書店に行って文庫本コーナーに立っても、水上勉の本は品切れ、欠品というものが多く、意外に読みづらいのが実状です。


 水上勉が通った学校

 履歴を見ると、水上勉は花園中学校(旧制)を卒業して、立命館大学に進んだとあります。
 花園中学は、現在の花園中学・高校で、妙心寺(右京区)のそばですね。

 でも、水上さんは中学時代の途中、花園中学に転校したので、もとは違う中学校に通っていました。
 それが、紫野中学です。
 本書に収められた随筆「今宮神社界隈」に詳しく述べられています。

 今宮神社 今宮神社

 大徳寺前の北大路通りに、まだ電車が通っていなくて、家をこわしたり、立ちのかせたりして、広い道路を工事中だったころ、私は烏丸上立売の相国寺から徒歩で建勲神社前の大宮通りから、北大路にきて、朱色の一の鳥居をくぐって、今宮神社に向かい、その途中の中学校へ通った。いま紫野高校のある場所だが、当時は「般若林」の後身で、「紫野中学」といい、相国寺、東福寺、大徳寺など京都臨済五山が徒弟教育のために設けた学校であった。校長は金閣寺住職の伊藤敬宗師、つづいて南禅寺管長の勝平大喜師だった。「坊主中学」と人もよんでいて、教員は皆僧衣姿で配属将校と体操の教師だけが軍服を着てきていた。僧の養成中学も、教練をやる軍国主義下のことである。(43ページ) 

 昭和10年(1935)頃の話です。
 北大路通から北に向かう今宮神社の参道があり(といっても普通の車道です)、そこに一の鳥居があります。
 そこから、神社の朱塗りの楼門が見え、その途中の左側に紫野中学が建っていました。

 古い京都市内の地図を見ると、このあたり、つまり船岡山や現在の北大路通より北は、地図の範囲外となっています。
 今宮神社も、意外に描かれていませんね。

 下の「京都市街全図」は昭和14年(1939)に発行されたもの。
 水上さんが中学を卒業した直後の様子で、この時期になると、北大路通の北側も地図に収まってきます。

 紫野付近図

 中央やや下に船岡山があり、その上の横の通りが北大路通。市電(赤線)が走っています。
 その真上にある「今宮神社」の下に「紫野中学」と朱書きされています。

 この地図では分かりませんが、今宮神社や紫野中学がある場所から西は、急傾斜になっています。
 紫野中学、つまり現在の紫野高校の校内には、きつい崖も残っているのです。


 校内の様子

 仏門立の学校だから、いまのような鉄筋ではない。今宮参道に面した左手の現存の校門と同じ場所に石柱が二本立ち、平屋の教室が瓦屋根をしずめて二棟あり、登下校道路をはさむようにして山に向っていた。正面に講堂(雨天体操場)。それだけが校舎で、孤蓬庵[こほうあん]の石畳道の境まで、南北に切妻をみせて建った本堂が一つ。この地にあった大光院が瑞源院の建物である。ここに寄宿舎と食堂があり、あとは講堂の上の山を切りくずして、赤土をローラーで踏みかためた校庭だった。当時は近くに家はなかったので、まるで山のてっぺんを広場にした感じで、森の向うに、孤蓬庵がまたさらに森を深くしてしずんでいた。(43-44ページ)  

 「講堂の上の山」とあるように、崖の上が校庭となっていたようです。別の箇所には、「そんな赤土の運動場をも、めぐっていた赤松山は、大半が伐りはらわれて、巨大な高校の体育館が建ってしまった」(49ページ)と、戦後、高等学校になってから体育館が建ったことが記されています。

 このあたりに現在も生えている樹木は、かつての山のなごりだったようです。


 転校前の思い出

 相国寺の瑞春院にいた水上さんは、等持院に移りました。
 しばらくは等持院から自転車で紫野中学に通ったのですが、通常、等持院の学僧は花園中学に通うことになっていました。そのため、水上さんも転校の手続きをすることになったのです。

 ただ、軍事教練の出席日数が足りなかったので、その担当であった小早川さんという特務曹長の家にお願いをしに出掛けたのでした。

 小早川特務曹長は、鼻の低い、平べったい顔をしたひとで、私たち一、二年の下級生には、とりわけきびしかったので、私たちは、体操と教練の時間は、いつもぴりぴりしていた。

(中略)

小早川特務曹長は、皮袋に入った剣を吊って、いかめしく、自転車にのって通勤してきていた。教師で自転車でくるのは曹長だけで、私とは、つまり自転車仲間だった。時に、門番の家の軒下で鉢あわせすると、
「こらっ」
と曹長は私のことをにらんだ。しょっちゅうずる休みするのを、そんなところで見つけたが幸いと、叱りつけるのである。(50-51ページ) 


 転校が決まって、体操と教練の落第点について、また使い込んで払えなくなった未納の月謝について、水上少年は小早川曹長にお願いに行ったのでした。

 今宮神社の裏の、あぶり餅やの前を通って、しばらくゆくと、小さな二階家の混む一角に出たが、小早川さんの家はこぢんまりとした平家で、表に男の子供があそんでいた。小早川さんの子らしかった。私は、しばらく、家の前にたたずんで、その子供の顔が小早川さんそっくりなのを見て、小早川さんに、こんな子がいることが不思議な気がした。特務曹長にも、子があって不思議はないが、その時は、そんな思いがふかく私をとらえたことをおぼえている。
 
 私が入ってゆくと、小早川さんが、だらしなく着物の前をはだけてきて、
「なんや」
 とつっけんどんにいった。私は、脅えながら、私の来た目的をはなした。

(中略)

「こんどの寺はどうや」
 小早川さんはきいた。
「はい、大勢小僧がいます」
 とこたえた。
「そんな大寺へいったのやから、これまでのように、休んでばかりやったらあかんな……」
 小早川さんはそういったあと、
「いずれ、お前さんのことでは、教員会議があってきまることやろ思うが……新しい学校へうつってきばって勉強するのやったら、考えてやらんでもないぞ」
 と不機嫌な顔をなごめ、
「きばってやれや」
 といった。玄関先での立ち話だった。私は、そういう時間を、この特務曹長の家でもてたことで満足し、小早川さんが、いくらかでも私の成績に、手ごころを加えてくれそうだと安心して、退去したのだ。子供が私を追いかけてきた。(53-54ページ) 


 水上さんは、小早川曹長のおかげもあったのか、無事花園中学へ転校できました。
 そして、紫野中学は、その翌年に廃校になったと書かれています。「資金を出していた大徳寺、相国寺、東福寺の三山に、その根気が失せたためだった」。

 私たちの馴染んだ校舎と本堂は、「淑女高等女学校」に買いとられて、戦争末期まで、そこに女学校があり、いまの市立紫野高校になったのは、たぶん、戦後のことだと思う。したがって、昔日の面影をたずねても、孤蓬庵よりのあの石畳の道わきにのこる土畳と、その山あとの大楠や松柏の根にわずかの名ごりがあるだけだ。(55ページ) 

 戦後、この場所には、新制の紫野高校が建ちました。
 現在では、水上さんの時代と異なり、たくさんの生徒が自転車通学しています。水上さんと小早川曹長が自転車を預けていた門番の家もなくなり、立派な自転車置き場が出来ています。




 書 名  『私版 京都図絵』
 著 者  水上 勉
 刊行者  作品社
 刊行年  1980年


スポンサーサイト