04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

最大級の木橋、上津屋の流れ橋を訪ねて

南山城




木津の流れ橋


 八幡にある観光名所 

 京都の南郊・八幡(やわた)市は、男山にある石清水八幡宮で知られています。

 先日、用事で訪れたあと、市役所前にある観光案内板を見ていました。少し時間があったので、めぼしいところがあれば立ち寄ってみようというわけです。

 すると、おもしろいものを見付けました。

 「流れ橋」があったのです!

 俗に「木津の流れ橋」として知られる、この橋。
 長大な木造橋で、正しくは上津屋橋(こうづやはし)と称され、「上津屋の流れ橋」とも呼ばれています。

 京阪八幡市駅や八幡市街から少々離れていて、クルマがないと行きにくい場所かも知れません。
 しかし、案内板は完備しているので、迷わずに行くことができます。

 四季彩館
  四季彩館

 橋の近くには、四季彩館という建物があり、ここに駐車できます。

 四季彩館の裏手から遊歩道を通って、木津川に向かいます。

 遊歩道

 1、2分歩くと、高い堤防が現れます。
 この向こうに、木津川があるようです。

 木津川堤防


 木津川に架かる木造橋

 堤防に上がると、広い木津川の河原が見渡せます。

 木津川

 河原が広すぎて川の流れは見えません。
 黒い覆いは、お茶を栽培しているのですね。よく見ると、その覆いの先に橋が架かっているのが分かります。あれが流れ橋のようです。

 流れ橋渡り口

 ここが八幡市側の橋詰。
 橋の幅は3mほど。自転車は押して渡るようにと、注意書きがあります。結構、大勢の人が来ていました。

 欄干がないので、意外にあっさりしていますね。

 流れ橋正面

 これは爽快な風景ですね!

 356.5mあるそうなので、久御山(くみやま)側の端は見えません……

橋板

 橋板も木製。
 この橋板と橋桁(はしげた)が、洪水時には流されるので「流れ橋」というのですね。
 現在では、これらはワイヤーで結束されているので、洪水後に再利用が可能だそうです。

 この橋は、橋の上部が流されてしまうわけですが、四万十川などでは沈下橋というコンクリート製の橋があって、大水が橋の上を越えていく仕組みになっていますね。


 時代劇でも使われる美観 

 河原に下りて眺めてみます。

 流れ橋全景

 美しいですね。
 橋脚にはコンクリート製の部分もあって現代化されていますが、遠くから見ると昔の木橋のようです。

 橋脚

 かつて、木津川のこの地には両岸を結ぶ渡し船がありました。
 戦後しばらくして渡し船は廃止され、かわりに昭和28年(1953)、上津屋橋が架けられました。
 
 それから60年余り、流されたり直されたりを繰り返してきたわけです。
 近年、かつてより75cmばかり高く改修されたので、流される回数も減るかも知れませんね。

 映画の撮影などにも用いられる流れ橋。
 のんびり訪れてみるのもいいですね。




 上津屋橋(上津屋の流れ橋)

 所在  京都府八幡市上津屋宮前川端ほか
 見学  自由(人道橋)
 交通  京阪バス「上津屋流れ橋」下車、徒歩約5分



 【参考文献】
 『京都府の歴史散歩 下』山川出版社、2011年


スポンサーサイト