06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS朝日「京都ぶらり歴史探訪」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

【大学の窓】京都で歴史を学ぶ大学生の出身地2018

大学の窓




大学校舎


 今年の傾向は?

 桜の開花が早かった今年、2018年。
 非常勤講師で行っている(仮称)上京大学では、入学式の頃にもまだ桜は咲いていたでしょうか。

 私は、日本史の学生を指導していて、1回生全員が履修する演習科目を他の先生方と一緒に担当しています。
 初回には、学生がひとりひとり自己紹介をしてくれます。そのとき、出身地を言ってもらうことになっていて、私は彼らの出身県をメモしています。
 それが、毎年恒例の <京都で歴史を学ぶ学生の出身地> です!

 実は、いまさらながら気付くことですが、初回の授業には全員出席しそうなものですが、どうも毎年5人位は休むみたいなのですね(笑) だから、この統計も全学生の出身地をリサーチできてはいません。
 いま、数字を入力していて気が付いたのですが、昨年度、私の担当班に韓国からの留学生が1人いたのですね。でも、去年の数字は「0」になっていた! 
 つまり、留学生のK君は、初回お休みしていたみたいなんです(苦笑)
 仕方ないです。今年、数字を訂正しておきました……
 
 という前置きをしながら、見ていきましょう!

 左端が今年、その右が2017年、2016年とつづき、右端が2013年の人数です。


 【北海道・東北】 2名-3名-4名-2名-3名-3名
  北海道 1-1-2-2-2-1
  岩手  0-0-0-0-0-1
  山形  0-0-0-0-1-0
  宮城  1-0-1-0-0-0
  福島  0-2-1-0-0-1
 【関東・甲信越】 8名-12名-15名-7名-7名-11名
  群馬  1-0-1-1-0-1
  栃木  1-0-0-1-1-0
  茨城  1-1-1-0-0-1
  埼玉  0-0-1-1-0-0
  千葉  1-0-2-0-0-1
  東京  1-0-1-1-1-1
  神奈川 0-0-4-0-1-1
  山梨  0-1-0-0-0-1
  新潟  0-2-0-0-1-1
  長野  2-5-1-1-2-2
  富山  0-3-0-1-0-0
  石川  1-0-1-0-0-0
  福井  0-0-3-1-1-0
 【東海】 9名-13名-5名-6名-9名-11名
  静岡  0-4-2-0-5-2
  岐阜  3-1-2-0-1-2
  愛知  5-6-1-5-2-6
  三重  1-2-0-1-1-1
 【関西】 31名-38名-23名-42名-31名-28名
  滋賀  3-0-5-2-3-2
  京都  5-6-6-7-6-6
  大阪  14-21-7-14-13-10
  奈良  3-3-1-6-1-2
  兵庫  6-8-4-11-8-8
  和歌山 0-0-0-2-0-0
 【中国・四国】 6名-6名-9名-9名-8名-8名
  岡山  2-2-2-0-1-2
  広島  1-2-5-4-3-2
  鳥取  0-0-0-1-1-0
  島根  1-0-0-0-0-0
  山口  0-1-0-0-1-1
  徳島  0-1-0-0-0-0
  香川  1-0-1-0-0-1
  愛媛  1-0-1-1-1-1
  高知  0-0-0-3-1-1
 【九州】 6名-7名-9名-3名-7名-10名
  福岡  2-6-7-1-3-6
  佐賀  1-0-1-0-0-0
  大分  0-0-0-1-1-2
  長崎  0-0-0-0-0-1
  熊本  2-0-0-0-2-1
  鹿児島 1-0-0-1-1-0
  沖縄  0-1-1-0-0-0
 【海外】 1名-1名-1名-4名-2名-2名
  中国  1-0-0-4-2-1
  韓国  0-1-0-0-0-0
  香港  0-0-1-0-0-0
  フランス 0-0-0-0-0-1

 大学の桜



 初めて登場した県は?

 こうして、2018年度の数字を見てみると、ほぼ2017年度と同傾向であることが分かります。
 やはり、大阪がトップという状況は変わりません。
 
 一方、数は多くないのですが、九州が4県(福岡、佐賀、熊本、鹿児島)ランクインしていて、うれしいですね。

 そして、島根県が初登場しました!
 鳥取、山口も少ないのですが、島根はこれまでゼロでした。カウント6年目で初めて入学してくれて “ありがとう” という気分ですね。
 これで、あと3県。青森、秋田、宮崎を残すのみです。
 
 自己紹介は、近年、出身地を自虐的に言う学生が多くて、たとえが「うちは田舎で」的なことを結構言ってきます。
 「大阪だけど、大阪市内じゃなくて田舎」だ、とか。まあ、大阪にはそんな田舎はないと思うんですけどね。ちょっと誇張気味に言うのです。

 今年、数名が言及したのが、都道府県魅力度ランキングなるもの。
 ブランド総合研究所という会社が毎年出しているランキングのようです。

 まず、佐賀出身の学生が「都道府県魅力度ランキングで、下から数えて3番目の佐賀県出身」といえば、茨城の学生が満を持したように「都道府県魅力度ランキング最下位の……」! と言ってきます。
 他にも、栃木の学生も自虐的でしたね。栃木県は、同ランキングで43位のようです。

 まあ、罪なランキングがあるものです。
 なにが魅力かなんて、競うものではないですよね。

 最近の学生は、ひとと争うことを好まないというか、融和を重んずるようなので、自慢するより自分を卑下する方がいいんでしょう。
 それで、どこの大学でも昔よりおとなしい傾向があるみたいですね。

 でも、研究は自己表出の場でもあるので、謙遜しないで積極的にチャレンジしてみてください。
 今年も1年、一緒に研究していきましょう!


  さくら




スポンサーサイト

【大学の窓】グループ発表が終わった

大学の窓




キャンパス


 1年間の研究成果を発表 

 1月中旬になり、京都もとても寒くなってきました。

 今朝は、私の住むあたりは2cmほどですが積雪しました。路面に積もるのは今季初めてですが、寒い冬の割りには遅かったですね。
 でも、河原町まで出かけると、さすがに雪はなかったです。
 京都市内では、今出川通(上京区)とか、北大路通(北区)とか、そのあたりを目安に、寒さの境目? があるような気がします。

 その今出川通にある(仮称)上京大学。
 私が担当している1回生の演習科目は、1年の最終盤となりました。班ごとに分かれて研究を行ってきましたが、年度の最後に全員の前で30分間、発表します。

 その発表が、先週すべて終わりました。
 学生のみんなは、さぞかしホッとしたでしょうね!
 発表後、ある学生に聞いてみたら、やり切った感がある、と言っていました。これは、とってもうまく行ったケースです。多くの場合、不満足な部分や後悔が残るものです。

 キャンパス


 “初めての研究” は、ムツカシイ 

 テレビ番組に「はじめてのおつかい」というのがありますが、1回生にとっては “はじめての研究” だったわけです。道に迷ったり、忘れものをしたり、子供のおつかいと同じく、大変だったと想像します。
 
 その大変な理由は何か?

 ひとことで言うと、やり方が分からない、ということでしょう。

 発表を聞いたあとコメントしたのですが、多くの班が「調べ学習」にとどまってしまっています。中学や高校でよくやる学習ですね。テーマについて、その概要を紹介するような発表です。
 そこには、解くべき「問題」がないので、単なる事柄の紹介になってしまうのです。

 もちろん、どのように適切な問題を立てるかは、とても難しいものです。
 問題を立てるためには、まず十分な知識の獲得を行わなければなりません。でも、多くの学生の場合、そこで獲得した知識をそのまま発表してしまうのです。つまり、その先やるべき段階にまで到達していないのですね。
 
 こういった研究のやり方を多くの学生が理解していないように感じました。
 確かに、高校の日本史の教科書を読んで勉強しても、問題を立てる力は養われませんよね。試験に出た問題を解くことはできるのですが……
 
 このように、大学の研究を行うためには、高校までの勉強からテイクオフすることが必要です。
 1回生のみんなは、離陸のために滑走路を走っていたのだといえます。
 今年はまだ飛び上がれなかった人が多かったと思うのですが、一生懸命走っていれば、きっと離陸できるはず。おそらく、3回生くらいになると、だいぶん力が付いてきますよ。
 
 次は、2回生。
 テイクオフに向けて、いっそう加速してみてください。
 応援しています!




【大学の窓】秋学期がはじまった

大学の窓




大学キャンパス


 研究発表は12月に 

 どの大学も、先週あたりから秋学期が始まりましたね。
 私が非常勤で行っている(仮称)上京大学でも、学生たちがキャンパスに戻ってきました。

 担当している1回生の演習は、テーマを決めてグループで研究を行う授業。
 春学期に、テーマの方向性を定めて、秋学期に発表します。

 全部で9グループあるので(私は2つの班を担当)、発表は11月下旬から1月上旬まで5週間に及びます。
 秋の最初は、じゃんけんで発表順を決定します(笑) 
 私の担当班は、どちらも12月で、まぁよい順番というべきでしょう。

 例年、夏休みは余り勉強が進まないのですね(苦笑)
 でも、今年は2班とも、結構やってきた様子。さかんに意見交換していました。

 私のクラスは、「写真」と「繁華街」という2テーマです。
 写真班は、戦時下の新聞に掲載された写真を調べています。
 繁華街班は、大阪をフィールドに調査しています。

 図書館



 街をあるけば…

 繁華街のグループは、夏休み中に手分けして大阪の繁華街を歩いてきたようでした。
 ふだん意識しない街並みも、問題意識を持って歩くと感じ方が違うよう。JR大阪駅の北側に行くと、大きなビルがあるが、会議場などが入っているだけで「繁華街」とはいえないようだった、とか(グランフロントのことかな)。また、大阪駅の西の方に行くと、福島というところだが、ここはオフィス街で、アフターファイブに行くような飲み屋さんはあるが、ここも「繁華街」とは言えそうにない、とか。
 なかなか、的確な観察をしているのですね。

 朝から夕方まで、ずっと街を歩いていると、ある場所からガラッと雰囲気が変わるところがあったりと、おもしろい発見をしたりしています。
 これも、実際、自分の足で歩いて感じた賜物ですね。

 「繁華街」のテーマは、昨年から始めたものです。
 昨年の学生も、実は大阪(ミナミ)を取り上げていました。やっぱり、繁華街といえば大阪をイメージするのでしょうか? でも、今年はキタが中心になるのかな?

 一昨年までは「建物」がテーマで、これは7年くらいやっていたのですが、毎年うまくいかない傾向にありました。
 そこで、“実際に街に出て、自分の足で歩き、目で見て、感じてもらおう” というコンセプトに切り替えたのです。すると、全員とは言えないまでも、現地を歩く学生も出てきて、そのおもしろさを語ってくれるのですね。「ブラタモリ」の影響もあるみたいで、テレビで見ていることを自分でやってみるというのも、楽しいのかも知れません。

 こういうふうに実地を歩いてもらうと、私としては言うことはないのですが、いちおう歴史専攻なので(笑)、現在から過去にさかのぼって考えてもらうよう、アドバイスしました。
 100年前、そこはどうなっていたのか?、200年前(江戸後期ですね)はどうだったのか?、さらに500年前は? 
 大阪の場合、およそ500年の変化を考えればよいといえるので、そんな話をしています。


 繁華街はどこにある?

 ところで、いま京都で繁華街といえば、四条・河原町とその周辺。大阪では、ミナミとキタ、というイメージでしょう。

 しかし、半世紀ばかりさかのぼってみると、京都では西陣織の産地「西陣」(地名)にも、劇場、映画館、飲食店などが密集する繁華街がありました。その中心には「西陣京極」と呼ばれるエリアもありました。

 西陣京極
  西陣京極の一画

 一方、大阪では、ミナミとキタ以外にどんな繁華街があったのか?
 ここからは、学生には言っていない“ヒミツ”のコメントです(笑) まぁ、そう大層じゃないですが……

 もっとも、繁華街って何か、という定義がまず必要なのでしょうか。
 歴史的に考えてみると、娯楽の要素、小売りの要素、飲食の要素、売買春の要素、といったものが、集中的、複合的に混在していて、たくさんの人が集まってくる地区といえそうです。
 単に「小売り」だけだったら近所の商店街も当てはまるし、集中・複合していなければUSJのような遊園地もそうですよね。
 また、小売りや飲食については、高級性が見られ、商っているものの値段が高い傾向があるように思います。ご近所で買う洋服よりも、繁華街で買う洋服の方が高価ですよね。大阪でいえば、小売り街・心斎橋筋が、東の銀座とならぶ日本随一の名店街だったのはその典型です。

 そのうえで、ミナミとキタ以外の繁華街について考えてみると……

 天満宮裏門
  天満天神の裏門

 ひとつは、上の写真、大阪天満宮の周辺(北区)です。
 ここは現在では、天神橋筋商店街という長いアーケード街で有名ですが、かつては劇場、寄席が集まり、近くには待合もありました。天満天神の裏門といわれるエリアで、現在、落語の定席・天満天神繁昌亭があるあたりです。

 いまひとつは、西区の松島から九条にかけての地域です。
 現在も、九条新道の商店街とその周辺は、なかなかにぎやかですね。
 戦前は、東寄りの尻無川と木津川に挟まれた島・松島に遊廓があって、そこに劇場、寄席や料理店も並んでおり、さらに西へ商店街が伸びるようになって、繁華を極めました。遊廓を核とした典型的な戦前の繁華街といえ、「西の千日前」「西の心斎橋」と称される地区となっていました。

 天満天神と松島・九条は、かつては大阪の二大ローカル繁華街で、爆発的に増えた労働者を慰安するエリアでした。
 でも、私の学生たちは、まだこのことを知らないようです。
 古い資料に接し始めると、気付いてくれるかも知れませんね。



【大学の窓】他大学に武者修行? - 博物館学の講義に臨む -

大学の窓




大学キャンパス


 他大学へ!

 毎週非常勤で行っている(仮称)上京大学の授業は、春学期も残すところあと数回。来週は、グループ研究をしている学生たちが、テーマの方向性を発表します。

 そんななか、私はといえば(仮称)杉本大学へ行き、博物館学の講義を1コマ担当します。

(仮称)杉本大学は、関西の公立大学で、戦前の商科大時代からつづく名門です。
 私が勤務する財団と連携協定を結んでおり、各館長や学芸員らが博物館学の3講義を担当しています。

 今回、私が1コマ担当するのは「博物館経営論」。
 春学期だけの授業、ということは全15回だと思うのですが、私は最後から2番目くらいですか。
 内容は<他館・他機関との連携>というものです。


 博物館経営論の講義

 昔話で恐縮ですが、私が学生だったころは、博物館を “経営する” なんてことは誰も考えていませんでした。だから、博物館学の授業でも、そんな科目はなかったわけです。
 博物館学といえば、資料の収集・保管、調査・研究、展示、教育・普及、という4本柱を学びました。
 現在では、ここにマネジメント(経営)が入って来たわけです。20年余り前には、博物館マネジメントに関する学会も設立されており、そのような関心が徐々に高まってきたといえるでしょう。

 私が担当するテーマは、博物館が他の博物館・美術館や地域にある機関・施設とどう連携していくか、というものです。

 実は、これまで私は、広報とか企画とかボランティアとか、博物館の “周縁部”? にあるともいえる仕事を長くやってきました。例えば、広報の仕事なんて、学芸員で自ら進んでやりたいという人はほとんどいないジャンルです。みんな、展示とか調査研究とかをやりたいわけですからね。ただ、そういう仕事も誰かがやらなければならない、でも専門の担当者を置くほどの余裕もないので、「仕方なく」学芸員がやっている、というのが現実ではないでしょうか。

 それを大学生に話したら、いったいどのように受け止められるのだろうか? これは、ちょっと興味深い問題です。
 純粋に、重要な仕事ですね、と思ってくれるかも知れない……

 大学構内

 少なくとも日本の学芸員は、仕事の幅が広い、つまりいろいろな種類の業務をこなさないといけない、というのが現実です。
 言い換えれば、諸外国に比べて、仕事が分化(分業化)されていないといえます。
 はっきり言って、毎日、広報や他機関との連携といった仕事をやっていると、他の業務に割ける時間も体力・気力もなくなってきます。
 
 それを思うと、学芸員志望の学生は、展示をやりたいとか、文化財に触れてみたい、と思っているわけですから、やはり他館・他機関との連携には興味を持たないのでしょうか。

 あと10日ほどで講義なので、いま何を話そうか思案しているのですが、彼らの反応を探るような授業にするのも面白いかも知れませんね。




【大学の窓】京都で歴史を学ぶ大学生の出身地 2017

大学の窓




クラーク記念館と桜


 今年は意外な傾向が!

 桜も満開の春、4月。

 新学期となり、非常勤で行っている(仮称)上京大学にも、新入生が入学してきました。
 歴史を学ぶ学科は、日本史と西洋史に分かれていますが、今年は 8 対 5 の比率で日本史が例年以上に多かったようです。

 毎年、自己紹介で学生が出身地を言ってくれます。それを記録するのが、この「京都で歴史を学ぶ学生の出身地」です。

 集計を始めて、5年目。
 今年は、ちょっと意外な傾向が出ました。

 さっそく見ていきましょう。

 左端が今年、その右が2016年、2015年とつづき、右端が2013年の人数です。


 【北海道・東北】 3名-4名-2名-3名-3名
  北海道 1-2-2-2-1
  岩手  0-0-0-0-1
  山形  0-0-0-1-0
  宮城  0-1-0-0-0
  福島  2-1-0-0-1
 【関東・甲信越】 12名-15名-7名-7名-11名
  群馬  0-1-1-0-1
  栃木  0-0-1-1-0
  茨城  1-1-0-0-1
  埼玉  0-1-1-0-0
  千葉  0-2-0-0-1
  東京  0-1-1-1-1
  神奈川 0-4-0-1-1
  山梨  1-0-0-0-1
  新潟  2-0-0-1-1
  長野  5-1-1-2-2
  富山  3-0-1-0-0
  石川  0-1-0-0-0
  福井  0-3-1-1-0
 【東海】 13名-5名-6名-9名-11名
  静岡  4-2-0-5-2
  岐阜  1-2-0-1-2
  愛知  6-1-5-2-6
  三重  2-0-1-1-1
 【関西】 38名-23名-42名-31名-28名
  滋賀  0-5-2-3-2
  京都  6-6-7-6-6
  大阪  21-7-14-13-10
  奈良  3-1-6-1-2
  兵庫  8-4-11-8-8
  和歌山 0-0-2-0-0
 【中国・四国】 6名-9名-9名-8名-8名
  岡山  2-2-0-1-2
  広島  2-5-4-3-2
  鳥取  0-0-1-1-0
  山口  1-0-0-1-1
  徳島  1-0-0-0-0
  香川  0-1-0-0-1
  愛媛  0-1-1-1-1
  高知  0-0-3-1-1
 【九州】 7名-9名-3名-7名-10名
  福岡  6-7-1-3-6
  佐賀  0-1-0-0-0
  大分  0-0-1-1-2
  長崎  0-0-0-0-1
  熊本  0-0-0-2-1
  鹿児島 0-0-1-1-0
  沖縄  1-1-0-0-0
 【海外】 0名-1名-4名-2名-2名
  中国  0-0-4-2-1
  香港  0-1-0-0-0
  フランス 0-0-0-0-1

 合計79名で、ここ5年で最高の人数になっています。

 礼拝堂と桜


 大阪が激増!

 昨年(2016年)は、大阪・兵庫勢が減少し、関東・甲信越が増えていました。
 今年は、というと、大阪が21名! と過去最高を記録 ! ! 全体の4分の1を占めました。
 兵庫も8名と復活しています。

 一方、関東は茨城のみで、東京は初のゼロ。甲信越は、長野や富山が増え、山梨出身の学生もいます。
 東海は、愛知、静岡、三重が増えて、過去最高の13名になりました。

 今回、初登場したのは徳島県。
 ただ、他の四国3県はゼロでした。
 青森、秋田、島根、宮崎は、いまだ登場しません。

 また、留学生は、初めていませんでした。

 今年は、東日本出身の学生も多かったけれど、大阪府の突出は意外でした。関西色が強まるかなぁ、という気もします。

 そんな学生のみなさんと、今年も演習スタイルで、“はじめての研究” をやってみましょう!
 きっと楽しいですよ ! !


  啓明館と桜