FC2ブログ
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS朝日「京都ぶらり歴史探訪」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

古い技術コロタイプが、いま再びよみがえる - 京都・便利堂の特殊技術 -

その他




日本古建築菁華より平等院鳳凰堂


「真珠の小箱」「美の京都遺産」から「京都知新」へ 

 前回書きましたが、4月から勤務体制が変わって、土日が休みになりました。
 しかし、休日も結構早起きで、6時とか7時には起きています。この日曜日も、6時前に起床しました。

 すると、やっていたテレビ番組が「京都知新」(毎日放送)。

 毎日放送(MBS、関西の4チャンネル)の日曜朝といえば、長らく「真珠の小箱」が看板番組でした。スポンサーの近鉄の沿線、つまり、奈良、伊勢・志摩などの名所旧跡、文化財を紹介する珠玉の紀行番組でしたね。少年時代、奈良好きだった僕には、懐かしい存在です。
 それが惜しまれつつ終わったあと、京都にシフトチェンジして「美の京都遺産」になりました。これも10年以上つづいたけれど、昨年3月に終了して、そのあと番組が「京都知新」というわけです。

 説明が長くて、すみません……

 その「京都知新」の今朝のテーマが、京都の企業・便利堂のコロタイプ印刷でした。


 懐かしの便利堂、コロタイプ

 博物館、美術館好きのみなさんなら、便利堂という社名はご存知でしょう。

 僕は、少年時代、京都国立博物館に行ったとき、確か新館の1階に狭いショップ(というより売店程度)があって、そこにミニチュアの屏風とか絵巻物とか、絵はがきとかが置いてあって、そういうのが欲しかった記憶があります。
 のちに知ったのが、写真印刷を応用してこのようなグッズを作っていたのが便利堂だったということです。

 本物の絵巻物を少し小さくして、かつモノクロで複製した絵巻物、こんなものがコロタイプ印刷という技術で作られていました。
 
 現在、多くの写真印刷は網点による印刷を行っています。細かなドットによって写真の絵柄を表現しています。ルーペで拡大すると分かりますね。
 一方、コロタイプ印刷は、網点を使わない印刷技術です。

 京都より六角堂
  『京都』より「六角堂」

 昭和初期の写真集のモノクロ写真ですが、これがコロタイプによるものです。
 ちょっとソフトな感じでしょう。

 コロタイプの特徴のひとつが、この「網点のないなめらかで豊かな諧調表現」です(『明治の京都 てのひら逍遥』)。
 つまり、色の変化などがスムーズに、自然に表現できるわけですね。

 アップにすると、よく分かります。

 京都より神泉苑(部分)
  『京都』より「神泉苑」(部分)

 さざ波の部分。
 網点がないから、いい雰囲気が出ます。


 便利堂の出版物では 

 私が持っているもので、大正時代の便利堂が出した書籍に『日本古建築菁華(せいか)』があります。新聞記者で京都を愛した岩井武俊が出した大判写真集です。
 国内の名建築を写真撮影し、解説を付けて3冊にまとめたもので、当時としては意欲作です。
 この写真印刷を便利堂が請け負いました。

 日本古建築菁華より平等院鳳凰堂
  
 平等院鳳凰堂ですね。これもソフトタッチな写真です。
 下は八坂神社、南の大鳥居。

 日本古建築菁華より八阪神社

 デジタル写真に慣れた目には、少し頼りなく感じられるかも知れません。でも、こういう滑らさが好きという人も多いでしょう。

 テレビ番組では、網点写真と比べて、小さく写った人の表情などがよく出ている、と言っていました。

 コロタイプは、150年ほど前、フランスで発明された技術です。便利堂では、明治38年(1905)から手がけました。
 ガラス板にゼラチンを塗布して、そこにフィルムから焼き付ける独特の技法です。
 印刷時も、技師さんがインキを手で落として行ったりして、職人技のように見受けられます。

 インキに耐光・耐候性があり、長期保存もできるため、その点でも文化財写真に向いているということです。

 便利堂は、明治20年(1887)、貸本・売本兼出版業として中村弥二郎が創業。雑誌や書籍を刊行するとともに、絵はがきの製作などでも発展しました。
 いまや “百年企業” ですが、近年、コロタイプの見直しを進めているということです。というのも、国内でコロタイプの技術を継承しているのは京都の2社だけだそうで、いまや文化財的な技術になっているからです。

 味わいのあるコロタイプ。
 若い人にも案外うけるのではないかと思いました。




 【参考文献】
 岩井武俊『日本古建築菁華』1919年、便利堂コロタイプ印刷所
 『京都』京都市役所、1929年
 『明治の京都 てのひら逍遥 便利堂美術絵はがきことはじめ』便利堂、2013年



スポンサーサイト



コメント

京都知新

 「京都知新」は、東海地区(CBCテレビ・中部日本放送)でも放送しています。
ただし、放送時間は午前5時45分~。「時事放談」の前に放送。

東海エリアからは京都に来やすいですね

ご愛読いただき、ありがとうございます。

「京都知新」、東海地方でも放送されているのですね。
そちら方面から京都は、鉄道や自動車でも来やすいエリアですので、多くの方がお越しいただけるとうれしいです。

その際に、このブログも参考にしていただけると有り難く存じます。
今後とも、よろしくお願い申し上げます。

非公開コメント