FC2ブログ
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS朝日「京都ぶらり歴史探訪」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

幕末の案内書「花洛名勝図会」に描かれた八坂神社の周辺、細かなリアルさに目を見張る

洛東




花洛名勝図会


 幕末の八坂神社

 梅雨の時期には、晴耕雨読というわけで、少し書物をひもといてみましょう。

 幕末(1864年)に刊行された「花洛名勝図会」。このブログでも、おなじみのガイドブックです。
 とても詳しくておもしろいのですが、鴨川の東しか取り上げられていないのが残念なところ。続編を計画していたようなのですが、頓挫したのですね。

 今回開いたのは、この部分。

 「花洛名勝図会」より「祇園大鳥居」

 「祇園大鳥居」と記されています。
 現在のこの場所ですね。

 八坂神社南門

 八坂神社の南の入口です。

 ふつう八坂神社に参拝する場合、四条通を突き当り、西楼門から入ることが多いと思います。
 しかし、本殿は南を向いていますので、その先には南楼門があり、鳥居もあります(かつては西にも鳥居があったのですが)。

 写真を見て分かるように、現在の鳥居は「花洛名勝図会」に描かれている鳥居のままです。
 意外に古くて、正保3年(1646)に建てられました。石造の明神鳥居で、国の重要文化財に指定されています。
 鳥居で重文とは、すごいですね! 全国にも、厳島神社の大鳥居(広島県)など十数件しかありません。

 絵で分かる通り、鳥居の下には大勢の参拝者が集まってきます。そのため、付近には茶店も建っていました。

 「花洛名勝図会」より栂尾、ふぢや

 鳥居をくぐる前の西側(左側)には、栂尾(とがのお)という店がありました。現在、京料理 古都梅という店がある場所です。
 栂尾という名前、紅葉の名所として知られる京都の「三尾(さんび)」=高雄(高尾)、栂尾、槇尾のひとつから取っているようで、あたかも山深く落ち着いたところにいるという風情を醸し出しています。

 鳥居を入った左側には、ふぢや(藤屋)という茶店がありました。
 その向いには……

 「花洛名勝図会」より中村屋

 中村屋がありました。現在の中村楼です。
 この2軒をあわせて、二軒茶屋と呼んでいました。

 中村楼
  中村楼

 二軒茶屋と栂尾を上から見た図。

 「花洛名勝図会」より二軒茶屋

 建物の裏には、樹木が茂った庭がありますね。

 目をこらすと……

 「花洛名勝図会」よりふぢや

 藤屋の庭ですが、藤棚があるでしょう!
 これが店名の由来かと思うと、ちょっと感動します。


 名物・祇園豆腐の二軒茶屋

 この二軒茶屋の名物が、豆腐でした。

 下は、中村楼の看板の料理写真ですが、右上の串にさしてあるものが、田楽豆腐。
 これが、江戸時代より名物だったのです。

 中村楼メニュー

 当時、二軒茶屋の前に行くと、赤い前垂れをした女性が客の呼び込みをしていて、旅人らのお客さんは、そこに引きつけられてしまったのです。
 それに加え、店頭で豆腐を切る包丁さばきが見事で、これも売りものでした。

 豆腐は、豆腐百珍という言葉もあるように、いろんな料理ができます。田楽は、焼き豆腐に味噌をつけたシンプルなものですが、それだけに愛されたのでしょう。「祇園豆腐」という異名を持っており、南禅寺の豆腐と並んで有名でした。

 とりわけ中村屋は立派な造りだったので、旅人にも評判だったようです。一方の藤屋は、建物も古びていて、だんだんさびれていったと言うことです(『京の花街ものがたり』)。

 その結果、と言うべきか、現在では中村楼のみが残り、藤屋の跡はご覧の通り。

 ふぢや跡
  二軒茶屋・藤屋跡

 空也上人ゆかりの井戸というものもあります。

 藤屋の井戸

 往時のにぎわいとは打って変わって、静かな石鳥居周辺です。

 中村楼の壁


 円山公園あたりには……

 南楼門から境内に入ると、江戸時代の八坂神社にはぎっしりと社殿などが建っていました。
 本殿のまわりには摂社、末社も数多く見られます。

 この図は、本殿の東側部分。

 「花洛名勝図会」より祇園社

 現在もある美御前社をはじめ、荒神、稲荷、熊野、蛭子、愛宕、毘沙門などの小社が並んでいます。
 左手には「うら門」があり、知恩院の南門に出ると記してあります。そのあたりは祇園北林と称していました。

 私が、はっと思ったのは、その右でした。

 「花洛名勝図会」より円山の弓場

 なんと、みんなで弓を射ているではありませんか!

 これは、以前取り上げた円山公園に残る「園山大弓場」のいにしえの姿ではないでしょうか?

 園山大弓場
  園山大弓場(円山公園)

 この弓道場は、文久2年(1862)に現在の円山公園に開かれ、明治20年(1887)、現在地(公園内北端)に移転したそうです。
 もしかして、その弓道場が描かれているのでは ? ?

 前の記事は、こちら! ⇒ <庶民が弓を射ることがブームだった明治時代、けれども円山公園には今でも射場がある>
 
 「花洛名勝図会」は、元治元年(1864)に成立していますから、時代的にもつじつまが合います。
 その本文には、「この林中、借馬の馬場、大弓の射場、楊弓店、栗飯の貨食家等あまたありて、遊客常に群集ひ、暑寒をいとはず賑はし」とあって、大弓の射場や楊弓(ようきゅう)店があったことを記しています。
 
 ほんとうに「花洛名勝図会」は細かいというか、リアルというか、いろいろなものが描き込まれていて驚嘆させられます。
 



 二軒茶屋跡

 所在  京都市東山区祇園町北側
 見学  中村楼は料理店として営業、藤屋跡は自由
 交通  京阪「祇園四条」下車、徒歩約10分



 【参考文献】
 「花洛名勝図会」1864年
 加藤政洋『京の花街ものがたり』角川選書、2009年
 高原美忠『八坂神社』学生社、1972年


スポンサーサイト



コメント

伝統を守った人々

八坂神社の石鳥居が370前に建てられたものとは今まで知りませんでしたが、昔の人々が見た風景が残っているのは感動します。

円山公園も昔は祇園感神院や円山安養寺の境内だったので、其処で営業している店は寺院に賃貸料を払っていたと思います。

私は年に十数回八坂神社に参拝していますが、その度に『金儲けに必死』の状況を見るにつけ、神領や寺領を取り上げた明治政府の『上知令』が神社と寺院を俗化させた元凶だと思っています。

それに関して、今年も6月14日に住吉大社で御田植神事が斎行されましたが、同社の神田も明治政府に取り上げられて民間に売却されたのを新町廓の有志が立ち上がって買い戻して神社に寄進した為に、将来に貴重な伝統行事を伝えることが出来ました。

この住吉大社の神田に限らず、志摩の伊雑宮の神田など、全国各地で行われた明治政府による伝統破壊政策に対し、心ある人々が立ち上がって徹底的な破壊を阻止し、現在に至ったことを忘れてはならないと思います。

いつもありがとうございます

ご愛読ありがとうございます。

時代の変わり目には、ドラスティックな改革も行われ、特に宗教はそのやり玉にあげられることが多いようです。今日でも、海外では宗教的破壊が続けられていることを思うと心が痛みます。

そんな事例を見るにつけ、このような宗教的な敵対行為がなぜ行われるかという理由を十分に理解することが重要だと思っています。そのことが、人々の和解をもたらし、再び破壊行為を生ぜしめないようにする第一歩になると思うからです。

八坂神社をはじめ、京都でも激しい変容があったわけですが、わずか?百年前の出来事も今では忘れ去られるというのは、歴史の常と言うべきなのでしょうか。

非公開コメント