03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

松ヶ崎街道と遊歩道になった狐坂





遊歩道の狐坂


 京都北郊の古い農村

 松ヶ崎(まつがさき)というと、京都の地名のなかでも少しローカル。
 知る人も余りいないかも知れません。

 左京区に属し、地下鉄「松ヶ崎」駅も出来ています(北山駅と宝ヶ池駅の間です)。
 大文字五山の送り火のうち、「妙法」のある場所として著名かも知れませんが、観光地とは言えません。

 京都北郊図
  「大京都市街地図」昭和14年(1939)

 これは、昭和初期の松ヶ崎付近の地図です。左が北になります。
 右下隅に下鴨神社があり、地図中を斜めに流れる川が高野川です。ちなみに、高野川とX字状に交差しているカーブした水路は疏水(そすい)になります。
 左端の縦方向のミドリが「妙法」のある丘(西山・東山)。丘の中央にある池が宝ヶ池(たからがいけ)。
 この丘を含む麓一帯が、松ヶ崎なのです。
 
 古い地名ですが、中世には氷室もあったらしく、風流な歌も詠まれています。

 夏の日もすずしかりけり松か崎
    これや氷室のわたりなるらん  藤原顕季 

 
 また、妙法があることから分かるように、この村は法華宗(日蓮宗)が普及した地域でした。いまも題目踊りが伝わっています。


 水路のある旧街道 

 この地区を東西に通る道が通称・松ヶ崎街道です。

 松ヶ崎街道
  松ヶ崎街道

 いまでは、この道の南側に、4車線の北山通が通っていますので、ひっそりとした生活道路になっています。
 その北山通は、私の学生時代に延伸されたものなので、およそ30年前に出来たことになります。
 私が初めて、この松ヶ崎街道を通ったのは(記憶の限りでは)小学校6年生の頃で、友人らと担任の先生の家をさがすべく “探検” に行ったときのことでした。
 現在でも、当時の雰囲気が保たれていますが、家屋はずいぶん建て替わったような気がします。

 それでも、木造の家や蔵が残り、道の片側には水路が流れていて、風情のある旧街道です。

 松ヶ崎街道の水路

 高野川に架かる松ヶ崎橋の西方から、宝ヶ池通まで、古い街道は約1.5km。ふらっと散歩するにはいい距離です。


 ヘアピンカーブだった狐坂

 新宮神社
  新宮神社

 集落にある寺社では、松ヶ崎大黒天や涌泉寺が有名ですが、産土神の新宮神社もあります。
 松ヶ崎街道の北側なのですが、この神社の前を左に上っていくと、砂利道になり、こんなところに出られます。

 狐坂のヘアピンカーブ

 ちょっとしたヘアピンカーブでしょう(笑)

 これが、狐坂(きつねざか)なんです。

 私も子供の頃からよく登りました ーー ただしクルマに乗ってですけれど。

 この坂上にはトンネルがあり、それを抜けると岩倉方面に通じます。つまり、狐坂は、京都市街の北山通と北郊の岩倉などとを結ぶ坂のひとつだったわけです。

 松ヶ崎付近図

 左下方に「宝池」とあるのが宝ヶ池。その下を通る道が狐坂で、地図では「狐子坂」と書いていますね。これで読みは「きつねざか」です。S字カーブのさまがよく分かります。

 狐坂
  狐坂

 こういうふうに急カーブしていて、かつてはちょっとした難所でした。クルマもまあまあ渋滞したりして、不便といえば不便だったかも。

 それが近年、バイパスの陸橋が出来たのです。

 狐坂の新旧
  左が旧道(狐坂)、右が陸橋

 陸橋は2006年完成ということで、もう10年余りになります。
 狐坂の方は、遊歩道になってクルマは通れなくなりました。のどかな散歩道といったところでしょう。

 坂上には、宝ヶ池があります。

 宝ヶ池
  宝ヶ池

 池の向こうに比叡山。左奥の白い建物は、京都国際会館です。
 貸しボートもありますよ。

 ほんと、のんびりしたところですね。

 観光でわざわざ来るほどではないけれど、グランドプリンスホテル(宝ヶ池)やアピカルイン(松ヶ崎)といった宿泊施設もあるので、ちょっと外れたところに泊まって郊外散歩、というにはいい気がするのですが、いかがでしょうか。




 狐坂

 所在  京都市左京区松ヶ崎狐坂
 見学  自由
 交通  地下鉄「松ヶ崎」下車、徒歩約5分



 【参考文献】
 『京都市の地名』1979年、平凡社


スポンサーサイト

近代京都の遊楽空間をさぐる - 加藤政洋編『モダン京都 <遊楽>の空間文化誌』-

京都本




  モダン京都 加藤政洋編『モダン京都』ナカニシヤ出版


  遊所の研究 

 4月に入って2週間が経ちました。
 今年度は、いつもに増して慌ただしく過ごしています。

 大文字山と桜 大文字山と鴨川とサクラ

 そんななか、『京都モダン <遊楽>の空間文化誌』という新刊を手にしました。
 編著者は、加藤政洋氏。

 加藤さんは、立命館大学で人文地理学を研究されています。
 若い頃は(いまもお若いですが)、大阪を拠点に研究され、最初の著書『大阪のスラムと盛り場』という本をまとめられました。

  大阪のスラムと盛り場 『大阪のスラムと盛り場』創元社

 私は、その頃からお世話になり、勤務先で講演いただいたりしました。
 都市の盛り場のような空間への関心は、その後も持ち続けられ、とりわけ花街(かがい)について調査を深められました。
 それは、古くは遊廓とも重なりますし、大都市だけでなく、ローカルな場所にも小さなところがあったわけです。

 著書には、『花街』や『京の花街ものがたり』などがあります。

  花街 『花街』朝日選書

 京都の花街研究である『京の花街ものがたり』は、祇園や円山などについて研究されていて、このブログでも何度か引用させていただきました。

  京の花街ものがたり 『京の花街ものがたり』角川選書

 また、戦後の赤線(売春防止法以前に公然と売春が行われていた地域)についても、新書を刊行されています。

  敗戦と赤線 『敗戦と赤線』光文社新書


 気鋭の地理学者の最新刊
 
 加藤さんの研究は、地理学者らしくフィールドワークに支えられつつ、文献史料にも目配りをされています。
 私も、京都や大阪の遊所について、多くを学ばせてもらいました。

 今回、ナカニシヤ出版から刊行される『京都モダン』は、加藤さんとその教え子さんらしい若い方との共同執筆になっています。
 祇園をはじめとする花街や、席貸などについて十数本の論考が収められています。

 目次は、次の通り。

  序 章 文学の風景を歩く
  第一章 京の<宿>-≪上木屋町≫の文人たち
  第二章 席貸と文学のトポロジー
  第三章 鴨川畔の山紫水明-≪東三本木≫の文人たち
  第四章 花街周辺の宴席文化-山猫・配膳・雇仲居
  第五章 廓の景観と祭礼-≪島原≫の太夫道中をめぐって
  第六章 祇園祭のねりもの-≪祇園東≫芸妓衆の仮装行列
  第七章 鴨川納涼の空間文化史
  第八章 祇園はうれし酔ひざめの……-≪祇園新橋≫の強制疎開
  第九章 「風流懴法」のあとさき-≪真葛ケ原≫の京饌寮
  第十章 縁切りのトポスと「愛の空間」-安井金毘羅宮とその周辺
  第十一章 紙屋川の料理茶屋-≪平野≫と≪北野≫のはざまで
  終 章 <地>と<図>のあいだに  


 第二、第十章は住沢杏子さん、第六章は三浦実香さん、第七章は加藤千尋さんが執筆されています。

 吉井勇、高浜虚子、近松秋江など、京都に遊んだ文化人も多数登場、その著作から引用がなされています。その点、文学色も濃い一書ですね。
 これからじっくり読ませていただきますが、序章に記された編者の言葉を引いておきましょう。

 本書は、文学作品、地図・絵図、そして古写真などを材料にして、モダン京都における<遊楽>の風景を探訪しながら、都市空間の随所に埋もれた場所の意味と系譜を掘り起こす試みである。
「<宿>と<文学>のトポロジー」、「景観とスペクタクル」、「花街周辺の<遊楽>」という、三つの主題から構成され、いずれの章も京都を訪れた文人たちの足取りをたよりに、<遊楽>をめぐる場と連関する歴史空間へとわけいってゆく。(7ページ)


 前著『京の花街ものがたり』は江戸時代の記述も多々あったので、それと対にして読むと、より楽しめるでしょう。




 書 名  『モダン京都 <遊楽>の空間文化誌』
 編 者  加藤政洋
 刊行者  ナカニシヤ出版
 刊行年  2017年 



【大学の窓】京都で歴史を学ぶ大学生の出身地 2017

大学の窓




クラーク記念館と桜


 今年は意外な傾向が!

 桜も満開の春、4月。

 新学期となり、非常勤で行っている(仮称)上京大学にも、新入生が入学してきました。
 歴史を学ぶ学科は、日本史と西洋史に分かれていますが、今年は 8 対 5 の比率で日本史が例年以上に多かったようです。

 毎年、自己紹介で学生が出身地を言ってくれます。それを記録するのが、この「京都で歴史を学ぶ学生の出身地」です。

 集計を始めて、5年目。
 今年は、ちょっと意外な傾向が出ました。

 さっそく見ていきましょう。

 左端が今年、その右が2016年、2015年とつづき、右端が2013年の人数です。


 【北海道・東北】 3名-4名-2名-3名-3名
  北海道 1-2-2-2-1
  岩手  0-0-0-0-1
  山形  0-0-0-1-0
  宮城  0-1-0-0-0
  福島  2-1-0-0-1
 【関東・甲信越】 12名-15名-7名-7名-11名
  群馬  0-1-1-0-1
  栃木  0-0-1-1-0
  茨城  1-1-0-0-1
  埼玉  0-1-1-0-0
  千葉  0-2-0-0-1
  東京  0-1-1-1-1
  神奈川 0-4-0-1-1
  山梨  1-0-0-0-1
  新潟  2-0-0-1-1
  長野  5-1-1-2-2
  富山  3-0-1-0-0
  石川  0-1-0-0-0
  福井  0-3-1-1-0
 【東海】 13名-5名-6名-9名-11名
  静岡  4-2-0-5-2
  岐阜  1-2-0-1-2
  愛知  6-1-5-2-6
  三重  2-0-1-1-1
 【関西】 38名-23名-42名-31名-28名
  滋賀  0-5-2-3-2
  京都  6-6-7-6-6
  大阪  21-7-14-13-10
  奈良  3-1-6-1-2
  兵庫  8-4-11-8-8
  和歌山 0-0-2-0-0
 【中国・四国】 6名-9名-9名-8名-8名
  岡山  2-2-0-1-2
  広島  2-5-4-3-2
  鳥取  0-0-1-1-0
  山口  1-0-0-1-1
  徳島  1-0-0-0-0
  香川  0-1-0-0-1
  愛媛  0-1-1-1-1
  高知  0-0-3-1-1
 【九州】 7名-9名-3名-7名-10名
  福岡  6-7-1-3-6
  佐賀  0-1-0-0-0
  大分  0-0-1-1-2
  長崎  0-0-0-0-1
  熊本  0-0-0-2-1
  鹿児島 0-0-1-1-0
  沖縄  1-1-0-0-0
 【海外】 0名-1名-4名-2名-2名
  中国  0-0-4-2-1
  香港  0-1-0-0-0
  フランス 0-0-0-0-1

 合計79名で、ここ5年で最高の人数になっています。

 礼拝堂と桜


 大阪が激増!

 昨年(2016年)は、大阪・兵庫勢が減少し、関東・甲信越が増えていました。
 今年は、というと、大阪が21名! と過去最高を記録 ! ! 全体の4分の1を占めました。
 兵庫も8名と復活しています。

 一方、関東は茨城のみで、東京は初のゼロ。甲信越は、長野や富山が増え、山梨出身の学生もいます。
 東海は、愛知、静岡、三重が増えて、過去最高の13名になりました。

 今回、初登場したのは徳島県。
 ただ、他の四国3県はゼロでした。
 青森、秋田、島根、宮崎は、いまだ登場しません。

 また、留学生は、初めていませんでした。

 今年は、東日本出身の学生も多かったけれど、大阪府の突出は意外でした。関西色が強まるかなぁ、という気もします。

 そんな学生のみなさんと、今年も演習スタイルで、“はじめての研究” をやってみましょう!
 きっと楽しいですよ ! !


  啓明館と桜



新たに指定される京都市の文化財 - 堀川第一橋ほか -





堀川第一橋(中立売橋)


 橋から仏像、文書まで、さまざま

 今月(2017年3月)、京都市の新たな市指定文化財の答申が出ました。

 指定品は、次の通り。

 ・堀川第一橋
 ・櫻谷文庫(旧木島櫻谷家住宅)
 ・木造阿弥陀如来立像(上徳寺)
 ・紙本金地著色唐獅子図(養源院)
 ・鳥羽離宮金剛心院跡出土品
 ・伏見稲荷大社松の下屋
 ・大原野神社摂社若宮社(追加指定)
 ・実相院文書(追加指定)  


 橋や住宅といった建造物、仏像、障壁画、考古遺物、古文書など、バラエティに富みますね。

 実は、このなかに当ブログでも取り上げたものがあるのです!
 別にこのブログのおかげで指定されたわけではないのですが(笑)、うれしいことですね。

 ひとつは、上徳寺。
 下京区の富小路通五条下ルにある浄土宗のお寺で、今回の指定は御本尊の阿弥陀如来立像です。

 上徳寺本堂
  上徳寺 本堂

 もっとも、この御本尊を取り上げたわけではなく、境内にある別のものを紹介したのでした。

 世継地蔵

 世継(よつぎ)地蔵です。
 お世継ぎ、つまり子供に恵まれるというご利益があるお地蔵さんです。たいへん深い信心を集めているので、昨年でしたか紹介しました。

 記事は、こちら! ⇒ <数多くの絵馬が奉納された世継地蔵に、庶民の願いをみる>
 
 たくさん絵馬が懸けられていたり、祈願した方の感想ノートがあったり、いろいろ考えさせられるお地蔵さんです。

 指定される阿弥陀如来立像の方は、鎌倉時代前半の作と考えられるもので、滋賀県の鞭崎八幡宮から伝わったものとされています。


 明治時代の石橋も

 もうひとつは、堀川第一橋です。
 いまは中立売橋(なかだちうりはし)の呼び名で通っています。

 ちなみに、「中立売」は「なかだちうり」ということになりますが、発音的には「なかだちゅうり」でしょうか。

 堀川第一橋
  堀川第一橋(中立売橋)

 いいですよねぇ、この橋。
 変な言い方ですが、これが長崎にあったら観光名所ですよね(笑)

 真円のアーチ橋。円の下の方は埋まっているのだそうです。
 明治6年(1873)に架けられました。俗に言う「めがね橋」的なものですね。

 ちなみに、京都の眼鏡橋と言えば、大谷本廟(東山五条)にある円通橋などが立派でしょう。

 この堀川第一橋は、明治初期のもので、当時、堀川や本町通(伏見街道)に架けられた諸橋と同様、石造です。

 堀川の橋

 渡る人の目につく高欄も石で造られていて、なんだかお寺にある橋みたいですね。

 堀川の橋

 堀川の橋 石造の擬宝珠(ぎぼし)

 この下流の下立売橋は、堀川第二橋で、現在の橋の下部に明治の構造が残されています。

 これらについても、以前の記事をお読みください。

 記事は、こちら! ⇒ <堀川には素敵な石橋が架かっている>

 明治6年と言えば、すでに鉄橋が登場している時代で、お隣の大阪などでは盛んに鉄橋が架設されていました。
 堀川や本町通に残る石橋は、川幅が狭かったため、こういう構造になったのでしょう。

 近くを通ったら、ぜひ見学してみてください。

 -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

 ということで、3月末、年度替りの季節ですね。
 
 当ブログ<京都発! ふらっとトラベル研究所>は、これまで3日に1度の更新、光秀公の三日天下ならぬ “三日殿下” になった気分で書き継いできました。
 4月から、大人の事情でちょこっと忙しくなりそう、というか、なる可能性があり、少し更新が不規則になるかも知れません。ご心配おかけするといけませんので、あらかじめお断りしておきます。

 ご愛読のみなさま方には、相も変わらぬ御贔屓をたまわりますよう、お願い申し上げます。




 堀川第一橋

 所在  京都市上京区東橋詰町ほか
 見学  自由
 交通  市バス「堀川中立売」下車、すぐ



寺社周辺の景観を保全すること

その他




梨木神社


 制度導入に向かう

 京都市は、主要な寺社の隣接地や、周辺地域の新築・改築に対して、事前協議を義務付ける制度の導入を検討していると、京都新聞が報じています。

 対象となる寺社は、上賀茂神社、銀閣寺、大徳寺、建仁寺などの主要27か所。
 これらの境内や参道に面した民有地で新築・改築する場合や、近隣500m以内で大規模な新築・改築(床面積2000㎡以上)を行う場合、事前協議を必要とするというものです。

 京都市では、平成26(2014)年度から、歴史的景観保全について施策の検討を進めていました。
 今回(28年度)、3年を経て、具体的施策の素案が作成されたというわけです。
 新年度以降は、市民や寺社などと調整を図っていくということです。


 崩れる景観例が影響
 
 市がまとめた「歴史的景観の保全に関する取組方針」によると、京都市では昭和初期から風致地区を導入し、戦後も建物の高さ制限や屋外広告の規制など、景観保全に取り組んできました。守られてきた歴史的景観は「京都らしさ」を形作っています。
 
 一方で、ここ数年、市内の寺社境内や周辺で、さまざまな改築が続いています。
 報告書には、「京都御苑東側の梨木神社敷地におけるマンション計画」、「哲学の道・法然院前の保養所跡地における宅地開発計画」、「出世稲荷神社の移転」、「仁和寺門前のガソリンスタンド・コンビニエンスストア計画」が顕著な事例として上げられています。
 もちろん、記載はありませんが、大きな話題を呼んだ “下鴨神社におけるマンション計画” もここに含まれるでしょう。

 こういった事例が「寺社や離宮、歴史的町並みなどの『歴史的資産』」を損なうことを危惧し、「参道や門前などの周辺の町並みとが一体となっている歴史的景観を保全する」施策を検討してきました。

 この施策が実現すると、境内の真横にマンションが建ったり、門前にコンビニが出来ることを防げます。
 また、歴史的な建造物をさえぎる大きなビルの建設も行いづらくなるでしょう。

 今はまだ検討途上であり、今後1年の動向を注視していきたいと思います。




 【参考文献】
 「歴史的景観の保全に関する取組方針」京都市、2016年12月